NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

コラム

コラム: ユベントスのピルロ監督が 2020/21 シーズン序盤戦で使用しているフォーメーション

戦術が謎に包まれていたピルロ監督の方針がセリエAが開幕したことで大枠が見えて来ました。シーズン中に微調整が加えられるものの、劇的な変化が起きる可能性はわずかです。 序盤の2試合で見えた基本システムと課題を整理することにしましょう。 PR //

コラム: 『サッリ監督が解決できなかった課題』に挑むと事実上の宣言をしたピルロ新監督

新たにユベントスの監督に就任したピルロ監督が就任会見やインタビューで「チームの方向性」を言及したことで、大まかな戦略像が見えてきました。 『サッリ監督が解決できなかった課題』に挑むと明言したも同然ですから、「どのようなアプローチ策を採るのか…

ユベントス・ピルロ新監督のチーム作りや初期フォーメーションとして考えられること

監督未経験のピルロ新監督を迎えたユベントスですが、チームの方向性が不鮮明な状況となっています。Bチーム(= U-23)の監督就任会見時に残した発言から、チーム作りの方向性と初期フォーメーションについて考察することにしましょう。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【FW 編 2019/20 シーズン全体】

2019/20 シーズンが終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 最終回となる第5回目の評価対象は FW 陣です。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【MF 編 2019/20 シーズン全体】

2019/20 シーズンが終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第4回目の評価対象は MF 陣です。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【DF 編 2019/20 シーズン全体】

2019/20 シーズンが終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第3回目の評価対象は DF 陣です。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【GK 編 2019/20 シーズン全体】

2019/20 シーズンが終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第2回目の評価対象は GK 陣です。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【監督・フロント編 2019/20 シーズン全体】

2019/20 シーズンが終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第1回目の評価対象はサッリ監督とチームのフロント陣です。 PR //

2020/21 シーズンに向けて求められるユベントスの補強戦略 【 MF・FW 編】

2019/20 シーズンが実質的に終了したこともあり、来季に向けた補強戦略を本格化させる必要があります。ポジションごとに抱えている課題が異なりますので整理することにしましょう。 最終回となる2回目は MF と FW 編です。 PR //

2020/21 シーズンに向けて求められるユベントスの補強戦略 【 GK・DF 編】

2019/20 シーズンが実質的に終了したこともあり、来季に向けた補強戦略を本格化させる必要があります。ポジションごとに抱えている課題が異なりますので整理することにしましょう。 まずは GK と DF 編です。 PR //

コラム: アッレグリが抱えていた “ほぼ唯一の課題” はサッリが解決したものの、複数の致命的問題を抱えては本末転倒

コロナ禍で中断していたシーズンが再開してからの2試合を 0-0 で攻撃が機能しなかったことを受け、サッリ監督への逆風が強まっています。攻守両面で致命的な問題を抱えている点が大きなマイナスと言えるでしょう。 PR //

コラム: 現状のサッカー界で『NBA モデル』を導入するのは非現実的だが、『欧州スーパーリーグ』でなら可能性はある

移籍金が年々高騰する状況を懸念する声が新型コロナウイルスの蔓延を機にイタリアでさらに大きくなっています。ユベントスのパラティーチ CFO は「NBA の移籍形態を参考にすべき」と口にしていますが、現時的ではない部分もあります。 今回はその点における…

コラム: 技術力で評価を高めている小柄なサイドバックにとって、ポジショニング・プレーは「受難の時代」の幕開け

ユベントスがサイドバックを補強ポジションに定めた動きを見せていますが、ポジショニング・プレーが全盛期を迎えている現代は「テクニックに秀でた小兵 SB」にとって受難の時代となる可能性があります。 評価基準を考え直す必要があるでしょう。 PR //

コラム: 拡大路線に突き進むユベントスに FFP (ファイナンシャル・フェアプレー)による制裁が現実味を帯び始める

戦術分析などを行っているイタリアの『ウルティモ・ウオモ』がユベントスの財政面に対し、「UEFA の管理下に置かれるのではないか」との指摘をしています。直近の決算状況では FFP による制裁が発動する可能性は十分にあると言えるでしょう。 PR //

コラム: 「サッリ監督が守備体系の穴を塞ぐことができるか」が 2019/20 シーズン後半戦の注目点

2019/20 シーズン後半戦が再開しますが、サッリ監督を迎えたユベントスは失点数の増加が懸念材料となっています。“穴” を突かれる形で失点を重ねており、どのように修正策を講じるのかが注目点と言えるでしょう。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【FW編 2019/20 シーズン前半戦】

2019/20 シーズンの前半戦が終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 最終回となる第5回目の評価対象は FW 陣です。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【MF編 2019/20 シーズン前半戦】

2019/20 シーズンの前半戦が終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第4回目の評価対象は MF 陣です。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【DF編 2019/20 シーズン前半戦】

2019/20 シーズンの前半戦が終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第3回目の評価対象は DF 陣です。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【GK編 2019/20 シーズン前半戦】

2019/20 シーズンの前半戦が終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第2回目の評価対象は GK 陣です。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【監督・フロント編 2019/20 シーズン前半戦】

2019/20 シーズンの前半戦が終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第1回目の評価対象はサッリ監督とチームのフロント陣です。 PR //

コラム: サッリ監督になってユベントスのセットプレーでの守備で “危ない場面” が増えた理由

インテルとのイタリア・ダービーを制して首位に浮上したユベントスですが、改善点があることは事実です。その1つである「セットプレーでの守備に脆さが生じたこと」にスポットを当てることにしましょう。 PR //

コラム: 2019/20 シーズンのユベントスが抱える不安要素

サッリ監督を招聘した 2019/20 シーズンのユベントスですが、チームが空中分解する恐れがある不安要素を抱えていることも事実です。杞憂に終われば良いのですが、その点を指摘しておくことにしましょう。 PR //

コラム: 2019/20 シーズンにサッリ監督のユベントスが起用すると予想されるフォーメーション

2019/20 シーズンの開幕まで約1週間となりましたので、サッリ監督がユベントスで起用する可能性が高いと考えられるフォーメーションを確認することにしましょう。まずは前提条件です。 PR //

コラム: ユベントスが「2019年夏のディバラ放出」に躍起となるのは会計上の理由

サッリ監督が「6選手に放出の可能性がある」と言及したことで放出候補にスポットが当たるユベントスですが、フロント陣は「ディバラ選手の放出」に執着しています。その理由を説明することにしましょう。 PR //

コラム: “サイドバックの入れ替え” を敢行したユベントスの狙いは「会計上の収益を今夏に出すこと」なのでは?

2019年夏の移籍市場でサイドバックのトレードを2件成立させたユベントスですが、「戦力的な上乗せに成功した」とは言い切れません。新戦力がフィットするかは未知数ですし、別の狙いがあると言えるでしょう。その理由を考察したいと思います。 PR //

コラム: ユベントス版サッリ・ボールの現在地(2019年7月29日現在)

今夏にサッリ監督を招聘したユベントスが行った 2019/20 シーズンのプレシーズン・ツアーが終了しました。チームは構築中の段階ですが、現在地を確認することにしましょう。 PR //

コラム: チェルシーで 4-3-1-2 を採用しなかったサッリ監督がイグアイン(やイカルディ)のために導入を試みるだろうか

サッリ監督が就任した 2019/20 シーズンのユベントスには「イグアイン選手やイカルディ選手を活かすために2トップ導入」の噂が絶えません。ただ、その可能性は現実的に低いと言わざるを得ない理由があります。 PR //

コラム: 2018/19 シーズン中の選手売却で1億ユーロ超の収益を記録したユベントス、トップ・プロスペクト不足で将来に不安を残す

『カルチョ・エ・フィナンツァ』が「ユベントスが 2018/19 シーズンに選手売却で1億ユーロを超える収益を出した」と報じています。これは事実ですが、弊害としてトップ・プロスペクト(= 若手有望株)不足という状況に陥っています。 将来に向けて大きな不…

コラム:サッリボールとユベントスに必要な補強戦略【2019/20 シーズン・ GK/DF 編】

ユベントスの現所属選手が “サッリボール” に適用できるのかを考察するシリーズの最終回となる第3回目は守備を担う GK と DF です。それでは細かく見ていくことにしましょう。 PR //

コラム:サッリボールとユベントスに必要な補強戦略【2019/20 シーズン・ MF編】

ユベントスの現所属選手が “サッリボール” に適用できるのかを考察するシリーズの第2回目はサッリボールのクオリティーを決定づける中盤 MF です。それでは細かく見ていくことにしましょう。 PR //