NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

コラム

ユベントスの選手・監督に対する通信簿【FW編 2017/18】

2017/18 シーズンの公式戦が終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 最終回となる第4回目の評価対象は FW です。 PR //

ユベントスの選手・監督に対する通信簿【MF編 2017/18】

2017/18 シーズンの公式戦が終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第3回目の評価対象は MF です。 PR //

ユベントスの選手・監督に対する通信簿【DF編 2017/18】

2017/18 シーズンの公式戦が終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第2回目の評価対象は DF です。 PR //

ユベントスの選手・監督に対する通信簿【GK・監督編 2017/18】

2017/18 シーズンの公式戦が終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第1回目の評価対象は GK と監督です。 PR //

コラム:ユベントスの堅牢な3バックを西野ジャパンでも再現できるのか

西野朗監督率いるサッカー日本代表が3バックの導入を本格化させる中、選手からは「ユベントスをモデルにしている」との発言が出ています。 実際に日本代表が “ユベントスのような3バック” を導入した場合、「狙った効果」を発揮することができるのかを推測す…

コラム:2018/19 シーズンに向け、ユベントスに必要な補強ポジション

2017/18 シーズンでブッフォン選手などベテラン選手がチームを離れることになりました。チーム再編が必要となっており、ポジションごとの補強の必要性を確認することにしましょう。 PR //

ハン・グァンソンのユベントス加入が合意に達しなかった理由

2018年1月の移籍市場では「ユベントスがハン・グァンソンの獲得を目指し、積極的に動いている」との報道が出ていました。しかし、交渉は合意に達することはありませんでした。その理由を考察することにしましょう。 PR //

シーズン後半戦でイグアインがゴール量産体制を築くことができるかどうか

2017/18 シーズンのセリエAは20節を終了し、残すは18試合となっています。イグアイン選手は9得点と本調子と呼べる内容ではなかったため、後半戦でゴール量産体制に入れるかが注目点と言えるでしょう。 PR //

ユベントスの選手に対する通信簿 【MF・FW編 - 2017/18 前半戦】

2017/18 シーズンの前半戦を消化したこともあり、ユベントスの選手に対する現時点での評価・寸評を行うことにしましょう。評価は A〜D の4段階で A が最高という位置づけです。 第2回は MF および FW として起用された選手が対象です。 PR //

ユベントスの選手に対する通信簿 【GK・DF編 - 2017/18 前半戦】

2017/18 シーズンの前半戦を消化したこともあり、ユベントスの選手に対する現時点での評価・寸評を行うことにしましょう。評価は A〜D の4段階で A が最高という位置づけです。 第1回は GK および DF として起用された選手が対象です。 PR //

アッレグリ監督が 4-3-3 の中盤3枚に求める要件とユベントスの補強戦略

4-3-3 で結果を残すことに成功したユベントスですが、ディバラ選手のポジションが見当たらないという副作用が生じています。ここではアッレグリ監督が中盤の3選手にどういった要件を求めているかを確認することにしましょう。 PR //

【コラム】 ディバラの負傷離脱で 4-3-3 へのスイッチが加速?

「ディバラ選手が不在時の攻撃」が課題だったユベントスですが、ディバラ選手がベンチスタートなった試合で結果を残すことに成功しています。そのため、4-3-3 をベースにする可能性は高いと言えるでしょう。 PR //

【コラム】 タベッキオ FIGC 会長が辞任、カルチョの抜本的な改革は進むのか

イタリア代表が60年ぶりにW杯出場権を逃し、国内での批判が強まっていたイタリアサッカー連盟のカルロ・タベッキオ会長が辞任したと AFP 通信などが報じています。 何らかの改革が行われることが予想されますが、ユベントスが対処する必要がある点を整理して…

アッレグリ監督が 3-4-2-1 へシフトすると予想したガゼッタ・デッロ・スポルト

ガゼッタ・デッロ・スポルトが11月3日付の記事で、アッレグリ監督がシステムを 3-4-2-1 に変更するのではないかと推測しています。この指摘について、現実味を考察してみることにしましょう。 PR //

【コラム】 ユベントスの守備陣に存在する問題点

2017/18 シーズンのユベントスはボヌッチ選手が退団したこともあり、守備陣が問題を抱えていると報じられています。ここでは守備陣が抱えている問題点をリストアップすることにしましょう。 PR //

【コラム】 イグアインの出来はどう評価されるべきか

2017/18 シーズンは10月の代表戦ウィークに突入しました。ユベントスのイグアイン選手はアルゼンチン代表メンバーから外れていますが、ここまでの出来を確認しておくことにしましょう。 PR //

【コラム】 2017/18 シーズンのユベントスが使用するフォーメーションは?

2017年夏の移籍市場が閉鎖したこともあり、2017/18 シーズンを戦う選手が確定しました。今季ユベントスがベースにするであろうフォーメーションを考察したいと思います。 PR //

VAR 導入に対する不満を解消するには TMO (ラグビー)やチャレンジ制度(NFL:アメフト)を参考とすべき

イタリアでは VAR (ビデオ・アシスタント・レフリー)制度が 2017/18 シーズンから導入されましたが、早くも問題点が浮き彫りとなっています。 「VAR を使って誤審」という事態も発生しており、改善は必要と言えるでしょう。VAR 制度を取り巻く環境を確認し…

【コラム】 2017/18 シーズンに向け、ユベントスに必要な補強ポジション

7月1日から新シーズンが始まることもあり、移籍が正式発表されるケースが本格化しています。2017/18 シーズンに向け、ユベントスが補強を必要とするポジションがどこなのかを整理することにしましょう。 PR //

ユベントスの選手・監督に対する通信簿 【FW編 2016/17】

2016/17 シーズンの公式戦を終えたこともあり、ユベントスの選手・監督への評価を続けたいと思います。評価は A〜D の4段階で、Aが最高評価という扱いです。 最終回となる第4回の評価対象は FW です。なお、第1回目の GK・監督編はこちら、第2回の DF 編はこ…

ユベントスの選手・監督に対する通信簿 【MF編 2016/17】

2016/17 シーズンの公式戦を終えたこともあり、ユベントスの選手・監督への評価を続けたいと思います。評価は A〜D の4段階で、Aが最高評価という扱いです。 第3回の評価対象は MF です。なお、第1回目の GK・監督編はこちら、第2回の DF 編はこちら、最終回…

ユベントスの選手・監督に対する通信簿 【DF編 2016/17】

2016/17 シーズンの公式戦を終えたこともあり、ユベントスの選手・監督への評価を続けたいと思います。評価は A〜D の4段階で、Aが最高評価という扱いです。 第2回の評価対象は DFです。なお、第1回目の GK・監督編はこちら、第3回の MF 編はこちら、最終回…

ユベントスの選手・監督に対する通信簿【GK・監督編 2016/17】

2016/17 シーズンの公式戦を終えたこともあり、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階で、Aが最高評価という扱いです。 第1回の評価対象は GK と監督です。なお、第2回目の DF 編はこちら、第3回の MF 編はこちら、最終…

【コラム】 選手層の偏りによる代償をチャンピオンズリーグ決勝で払うことになったユベントス

チャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリードに 1-4 で敗れたユベントスですが、チーム力の差が如実に現れた結果と言えるでしょう。ただ、改善点は明確であるだけに “伸びシロ” になると考えられます。 PR //

【コラム】 ドンナルンマ争奪戦の現在地

アッズーリの正GKを務めることが時間の問題となっているミランに所属するジャンルイジ・ドンナルンマ選手が2月25日に18歳の誕生日を迎えたことで長期契約が可能となりました。「ミランと最初の長期契約を締結するのか」が1番の注目点ですが、現状を整理し…

【コラム】 ユベントスの 4-2-3-1 が抱える課題と将来像

"5 Stelle"、(チンクエ・ステッレ、5つ星)と地元イタリアメディアから称されるユベントスの 4-2-3-1 は試合を重ねたことで課題となり得る部分と将来像の輪郭が見えてきました。この部分を整理しておくことにしましょう。 PR //

【コラム】 アッレグリ退任の現実度

『サッカーダイジェスト』がジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の独占記事という形で「アッレグリ監督のユベントス退任」を何度か報じていますが、実際に起きる可能性はどのぐらい存在するのかを考察することにしたいと思います。 PR //

【コラム】2016/17 シーズンのユベントスが使用するフォーメーションは?

2016/17 シーズンが開幕したということで、ユベントスが今シーズンに起用すると予想されるフォーメーションについて考察してみたいと思います。

【コラム】 チーム史上歴代最高額でイグアイン獲得し、勝負に出たユベントスのフロント陣

チーム史上歴代最高額となる移籍金9000万ユーロでイグアイン選手を獲得したユベントスですが、この動きはチャンピオンズリーグ獲得に向けた勝負に出たと言うことができるでしょう。

【コラム】 ポグバの移籍金をどう有効活用するか

ポグバ選手がレアル・マドリードに移籍するための交渉が始まりそうだとの報道がメディアで本格化し始めました。 実際に移籍するとなった場合、その移籍金の金額は1億ユーロを超えると見られています。その資金をどう有効活用すべきかを考察することにしまし…