NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

コラム

コラム:ユベントスの監督・フロント陣に対する通信簿 【2021/22 シーズン全体】

2021/22 シーズンの全日程が終了しましたので、アッレグリ監督およびフロント陣への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コラム: ユベントスが 2021/22 シーズンの時点で採用中の若手育成方針で FIGC から文句を言われる筋合いはない

イタリア代表がカタールW杯のプレーオフで敗退したことを受け、イタリア・サッカー連盟(FIGC)のグラビーナ会長が「クラブ側の育成体制に問題がある」と試合後の記者会見で言及していました。 UEFA が『クラブ内育成制度枠』を設けているため、ユベントスも…

コラム: 絶滅寸前の『ボールを持たずに試合を支配する術を体得した選手』を求めるアッレグリの先行きは暗い

アッレグリ監督が再就任したユベントスですが、現状は「監督の年俸に見合っているとは言い難い成績」に留まっていることは否定できません。 また、アッレグリ監督が求める選手が絶滅寸前であることから「先行きは暗い」と言わざるを得ないでしょう。 PR (ads…

コラム: ユベントスが “アッズーリのポジショナルプレー” をするには「CFと左サイドの適材不足」が問題点

攻撃的なサッカーが潮流となっている 2021/22 シーズンにおいて、ユベントスは得点力不足を批判され続ける状況に見舞われています。ただ、ポジショナルプレーを導入するにも適材不足のポジションが存在しているのです。 直近のイタリア代表も同じ問題を抱え…

コラム: キエーザの突破力を活かすフォーメーションを確立し、得点力を向上させられるかが後半戦の課題

2021/22 シーズン前半戦は得点力不足に苦しんだユベントスですが、現有戦力を活用することで事態打開は可能でしょう。その1人がキエーザ選手です。キエーザ選手の突破力を活かすシステムを確立できるかがポイントになると思われます。 PR (adsbygoogle = win…

コラム: アッレグリ監督によるチーム作り、負傷者の関係で修正を余儀なくされる 【2021年12月時点】

11月中旬に「アッレグリ監督によるチーム作りの現状」を記事として掲載しましたが、それが半月も経たない内に方向転換を強いられることとなりました。その原因は「負傷離脱した選手の存在」ですから流動的な状況は続くことになるでしょう。 PR (adsbygoogle …

コラム: アッレグリ監督によるチーム作りの現在地 【2021年11月時点】

アッレグリ監督が復帰したユベントスですが、チーム作りは「道半ば」の状況にあります。2021年11月時点で採用されているシステムとチーム内の序列を整理することにしましょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コラム: 負傷で出遅れたアルトゥールに残された挽回策

骨化筋炎を根治させるために外科手術を受けたことで出遅れることになったアルトゥール選手が休日返上でコンディション調整に励んでいます。 相手のハイプレスを苦にしない選手であり、チームに組み込みたい選手であることは事実です。現チームでの序列を上げ…

コラム: 中盤 MF の再編の鍵を握るロカテッリの起用方法

ユベントスは夏の移籍市場でサッスオーロからマヌエル・ロカテッリ選手を(実質的な買取義務が付随した期限付き移籍で)獲得しました。これにより中盤 MF 陣の再編へと進むことになるでしょう。 その鍵を握る起用方法について考えたいと思います。 PR (adsby…

2021/22 シーズンのユベントスに求められるスポーツ面での成績

2021/22 シーズンの開幕まで約1週間となりましたので、今季のユベントスに要求されるスポーツ面の成績を整理することにしましょう。具体的な要求は以下になると思われます。 PR //

コラム: 新天地で前評判どおりの結果を残して期待に応えられる監督とそうではない監督の違い

3シーズン連続でトップチームの監督を解任したユベントスですが、クラブの思惑どおりの結果を残せる監督とそうではない監督がいることは事実です。その要因について言及することにしましょう。 PR //

コラム: アッレグリを解任してサッリやピルロを招聘したユベントス経営陣は何をやりたかったのか

アッレグリ監督を解任して招聘したサッリ監督やピルロ監督を解任し、アッレグリ監督を復帰させたユベントス経営陣の動きに首を傾げる人は少なくはないでしょう。本稿ではその理由について言及してみたいと思います。 PR //

アッレグリ監督がユベントスで第2次政権を発足させる際に問題となる3点

4月4日のイースターでユベントスのアニェッリ会長とアッレグリ元監督が顔を合わせたと『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが報じています。復帰の現実性が高まっていますので、そのために解決すべき問題を列挙しておくことにしましょう。 問題となるであろう…

セリエAの最終順位が2021年夏の補強戦略や来季の監督人事を左右するユベントス

スクデット獲得が難しくなったユベントスですが、チャンピオンズリーグ出場権の確保も確実とは言えません。したがって、補強戦略は「セリエAの最終順位次第」で変わってくると思われます。 そのため、現時点で考えられる『最悪』と『最善』のシナリオを整理…

コラム: ユベントスのピルロ監督が 2020/21 シーズン前半戦で用いたフォーメーション

イタリア・セリエAでは12月24日から冬季中断期間に入りましたので、この機会にユベントスのピルロ監督が「2020/21 シーズン前半戦」で用いた基本フォーメーション・選手起用・改善点を整理することにしましょう。 PR //

コラム: ビッグクラブとのマネーゲームに苦戦する最中にコロナ禍が発生して身動きが取れなくなったユベントス

ロナウド選手放出の話題がメディアで取り上げられるなどユベントスの経営状況が芳しくないと目されています。これは決算が示している事実で驚きはないのですが、経営が好ましくない原因は指摘・認識しておく必要があるでしょう。 PR //

コラム: ユベントスのピルロ監督が 2020/21 シーズン序盤戦で使用しているフォーメーション

戦術が謎に包まれていたピルロ監督の方針がセリエAが開幕したことで大枠が見えて来ました。シーズン中に微調整が加えられるものの、劇的な変化が起きる可能性はわずかです。 序盤の2試合で見えた基本システムと課題を整理することにしましょう。 PR //

コラム: 『サッリ監督が解決できなかった課題』に挑むと事実上の宣言をしたピルロ新監督

新たにユベントスの監督に就任したピルロ監督が就任会見やインタビューで「チームの方向性」を言及したことで、大まかな戦略像が見えてきました。 『サッリ監督が解決できなかった課題』に挑むと明言したも同然ですから、「どのようなアプローチ策を採るのか…

ユベントス・ピルロ新監督のチーム作りや初期フォーメーションとして考えられること

監督未経験のピルロ新監督を迎えたユベントスですが、チームの方向性が不鮮明な状況となっています。Bチーム(= U-23)の監督就任会見時に残した発言から、チーム作りの方向性と初期フォーメーションについて考察することにしましょう。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【FW 編 2019/20 シーズン全体】

2019/20 シーズンが終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 最終回となる第5回目の評価対象は FW 陣です。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【MF 編 2019/20 シーズン全体】

2019/20 シーズンが終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第4回目の評価対象は MF 陣です。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【DF 編 2019/20 シーズン全体】

2019/20 シーズンが終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第3回目の評価対象は DF 陣です。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【GK 編 2019/20 シーズン全体】

2019/20 シーズンが終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第2回目の評価対象は GK 陣です。 PR //

ユベントスの選手・監督等に対する通信簿 【監督・フロント編 2019/20 シーズン全体】

2019/20 シーズンが終了しましたので、ユベントスの選手・監督への評価を行いたいと思います。評価は A〜D の4段階、A が最高評価です。 第1回目の評価対象はサッリ監督とチームのフロント陣です。 PR //

2020/21 シーズンに向けて求められるユベントスの補強戦略 【 MF・FW 編】

2019/20 シーズンが実質的に終了したこともあり、来季に向けた補強戦略を本格化させる必要があります。ポジションごとに抱えている課題が異なりますので整理することにしましょう。 最終回となる2回目は MF と FW 編です。 PR //

2020/21 シーズンに向けて求められるユベントスの補強戦略 【 GK・DF 編】

2019/20 シーズンが実質的に終了したこともあり、来季に向けた補強戦略を本格化させる必要があります。ポジションごとに抱えている課題が異なりますので整理することにしましょう。 まずは GK と DF 編です。 PR //

コラム: アッレグリが抱えていた “ほぼ唯一の課題” はサッリが解決したものの、複数の致命的問題を抱えては本末転倒

コロナ禍で中断していたシーズンが再開してからの2試合を 0-0 で攻撃が機能しなかったことを受け、サッリ監督への逆風が強まっています。攻守両面で致命的な問題を抱えている点が大きなマイナスと言えるでしょう。 PR //

コラム: 現状のサッカー界で『NBA モデル』を導入するのは非現実的だが、『欧州スーパーリーグ』でなら可能性はある

移籍金が年々高騰する状況を懸念する声が新型コロナウイルスの蔓延を機にイタリアでさらに大きくなっています。ユベントスのパラティーチ CFO は「NBA の移籍形態を参考にすべき」と口にしていますが、現時的ではない部分もあります。 今回はその点における…

コラム: 技術力で評価を高めている小柄なサイドバックにとって、ポジショニング・プレーは「受難の時代」の幕開け

ユベントスがサイドバックを補強ポジションに定めた動きを見せていますが、ポジショニング・プレーが全盛期を迎えている現代は「テクニックに秀でた小兵 SB」にとって受難の時代となる可能性があります。 評価基準を考え直す必要があるでしょう。 PR //

コラム: 拡大路線に突き進むユベントスに FFP (ファイナンシャル・フェアプレー)による制裁が現実味を帯び始める

戦術分析などを行っているイタリアの『ウルティモ・ウオモ』がユベントスの財政面に対し、「UEFA の管理下に置かれるのではないか」との指摘をしています。直近の決算状況では FFP による制裁が発動する可能性は十分にあると言えるでしょう。 PR //