NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

ユベントスの怪我人情報・最新版(日本時間: 2022年11月12日12時現在)

 ユベントスに所属する選手の中で負傷により離脱している選手と復帰予想の時期をまとめました。現時点で離脱中の選手は以下のとおりです。

画像:Jメディカル
PR

 

表1:ユベントスに所属する選手のコンディション(2022年11月12日時点)
  Available
GK
(3)
1st 1: シュチェスニー、23: ピンソーリョ、36: ペリン
DF
(7)
1st 3: ブレメル、6: ダニーロ、11: クアドラード、12: A・サンドロ、15: ガッティ、19: ボヌッチ、24: ルガーニ
MF
(3+2)
1st 5: ロカテッリ、25: ラビオ、32: パレデス
B 20: ミレッティ、44: ファジョーリ
FW
(4+1)
1st 14: ミリク、17: コスティッチ、18: ケーン、22: ディ・マリア
B 30: スーレ
  Questionable
FW 1st 7: キエーザ(左ひざ)、9: ヴラホヴィッチ(内転筋の疲労)
  Out
GK B 41: ガロファニ(右・大腿直筋
DF 1st 2: デ・シリオ(右・大腿直筋)
MF 1st 8: マッケニー(右・大腿直筋)、10: ポグバ(右ひざ半月板)
FW 1st 21: カイオ・ジョルジ(右ひざ膝蓋腱)
B 33: アケ(右足・腓骨骨折)、F・コレイア(右肩脱臼)、43: イリング(右足首の捻挫)

 

 全体練習に参加できていない負傷離脱中の選手

MF: ウェストン・マッケニー → 復帰時期未定

 10月31日(月)にJメディカルで行われた検査で「右大腿直筋に過度の張り」と診断され、状態は日々観察されることになったとクラブから発表されました。

 筋肉の損傷は否定されたものの1週間ほどの離脱は避けられないことでしょう。「カタールW杯による中断前に復帰できるのか」が注目点になると思われます。

 追記1: 11月8日の時点で個別メニューで調整中

 

FW: サミュエル・イリング → 2022年11月下旬の復帰予定

 10月29日に行われたセリエA第12節レッチェ戦でディ・フランチェスコ選手からスライディング・タックルを受けて右足首を負傷。

 翌30日にJメディカルでの検査で「骨折はないものの捻挫」が確認され、20日の離脱見込みとクラブから発表されました。

 2022年は11月13日に予定されているセリエA第15節ラツィオ戦を最後にカタールW杯による中断期間が始まります。したがって、イリング選手は一足先にシーズン前半戦を終えることになるでしょう。

 

DF: マッティア・デ・シリオ → 2022年11月上旬の復帰が目標

 10月5日のチャンピオンズリーグ第3節マッカビ・ハイファ戦で右太ももを痛め、「右・大腿直筋に中グレードの損傷が確認された」とクラブから発表されました。

 10日後に再検査が予定されており、その際に詳細な離脱期間の見通しが出るとのこと。したがって、1ヶ月程度の離脱が現実的と言えるでしょう。

 

FW: フェリックス・コレイア → 復帰時期未定

 右肩を脱臼したことで現地8月3日(水)の午前中にフォルナカ・クリニックでラヴェラ医師による再建手術を受け、無事に完了したと発表されました。

 復帰時期に関するクラブからの言及はないものの数ヶ月前後の離脱は避けられないと思われます。本格的な復帰はカタールW杯明けとなるでしょう。

 

FW: マーリー・アケ → 2022年10月初旬の復帰予定

 7月30日に行われたレアル・マドリードとのプレシーズン・マッチで負傷し、8月1日にJメディカルで右足・腓骨遠位端の複雑骨折が確認されたと発表されました。

 復帰には2ヶ月を要すると言及されており、2022年9月末から10月初旬の復帰が目標となるでしょう。11月中旬からカタールW杯による中断が始まるため、今季前半戦はBチーム(= U-23)でコンディション調整に勤しむことになると思われます。

 

MF: ポール・ポグバ → カタールW杯明けの2023年1月が現実的な復帰目標

 アメリカ時間7月25日に右ひざ外側半月板の負傷が確認されたとクラブから発表されました。専門家の見解を伺っている状態であり、治療方針によって復帰時期が左右されるものと予想されます。

 追記1: リヨンでベルトラン・ソネリ=コッテ医師によるセカンドオピニオンを受け、保存療法を選択したとイタリア・メディアが報じています。順調に回復すれば9月中旬に復帰できるとの見立てであり、回復状況が注目点になります。

 追記2: 現地9月5日に右ひざ半月板の切除手術を受けたとクラブから発表されました。離脱期間に対する言及はありませんが、8週間ほどの離脱と『スカイ・イタリア』が報じています。今季前半戦の欠場は濃厚と思われます。

 追記3:術後の状態と(右太ももの)筋肉系の問題でリハビリメニューの継続と現地10月31日付で発表

 

FW: カイオ・ジョルジ → 2022年10月末の復帰予定

 2月23日に行われたBチームのプロ・パトリア戦に先発出場したものの前半に右ひざを痛めて途中交代。Jメディカルでの検査で「右ひざ膝蓋腱の断裂」が確認されたと発表されています。

 また、手術が必要と言及されていることからシーズン終了となる可能性が現実味を帯びています。

 追記1: 現地2月24日にセデス・サピエンチア医院で右ひざ膝蓋腱の再建・修復手術を受け、無事に完了したとクラブから発表されています。復帰には8ヶ月を要すると発表されており、2022年11月初旬の復帰が目標になるでしょう。

 

 新型コロナ罹患または陽性反応等による離脱

  • 該当する選手はいません

 

 全体練習には復帰済の選手

 負傷等から回復して全体練習に復帰してフルメニューを消化したものの、公式戦にはまだ出場していない選手は次のとおりです。

  • 条件に該当する選手はいません