NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

ユベントスの怪我人情報・最新版(2018年5月19日現在)

 ユベントスに所属する選手の中で負傷により離脱している選手と復帰予想の時期をまとめました。現時点で離脱中の選手は以下のとおりです。

画像:Jメディカル
PR

 

 全体練習に参加できていない負傷離脱中の選手

FW: フェデリコ・ベルナルデスキ → 復帰時期未定

 「ひざの痛みが再発した」との理由で5月19日に行われるセリエA第38節ベローナ戦の招集メンバーから外れると発表されました。(起用する気がなくても)招集メンバーに含めることは可能であるだけに状態が気になるところです。

 おそらく、このままバカンスに入ると予想されるため、保存療法を実施することと同じ効果が得られることでしょう。

 ただ、同様の負傷をしていたスピナッツォーラ選手(アタランタ)が結果的に手術を余儀なくされています。この点を念頭に置いた上で来季のチーム編成を行う必要があると考えられます。

 

DF: ベネディクト・ヘーベデス → 復帰時期未定

 セリエA第36節ボローニャ戦の前日練習中に右太ももの内転筋を痛め、招集メンバーから外れることになったと発表されました。

 今シーズンは残り2週間の日程となっていることもあり、今季終了の可能性が高いと言えるでしょう。最終節のメンバーに復帰できるのかが注目点です。

 コッパ・イタリア決勝ミラン戦(5月9日)の招集メンバー入りはしましたが、アッレグリ監督が「試合での起用は難しい」と前日会見で言及しており、経過を見守る必要があると言えるでしょう。

 

 全体練習には復帰済の選手

 負傷から回復し、全体練習に復帰したものの、公式戦にはまだ出場していない選手は次のとおりです。

  • DF: ジョルジョ・キエッリーニ(4月28日のインテル戦でベンチ入り

 なお、負傷の原因となった理由は以下に示すとおりです。

 

DF: ジョルジョ・キエッリーニ → 5月中の復帰が目標

 4月22日に行われたセリエA第34節ナポリ戦の開始直後に左足を負傷。「検査で左ひざ大腿二頭筋に損傷が確認された」と発表されました。

 すでに治療を開始したとのことですが、週末28日(土)に行われるセリエA第35節インテル戦は欠場が濃厚です。5月中旬のコッパ・イタリア決勝や第37節ローマ戦に間に合うかが注目点でしょう。

 ベンチ入りはしていますが、第37節ローマ戦でも「スパイクを履かずにベンチから戦況を見守っている」という状態でした。そのため、5月19日の最終節での起用も難しいものと予想されます。