NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

ユベントスの怪我人情報・最新版(2021年1月11日現在)

 ユベントスに所属する選手の中で負傷により離脱している選手と復帰予想の時期をまとめました。現時点で離脱中の選手は以下のとおりです。

画像:Jメディカル
PR

 

 全体練習に参加できていない負傷離脱中の選手

FW: パウロ・ディバラ → 2021年1月末が復帰目標

 1月10日に行われたセリエA第17節サッスオーロ戦で(ボールを競り合った際に)左ひざ内側側副靭帯を痛め、15〜20日ほどで回復する損傷が確認されたとクラブから発表されました。

 1月に実施される公式戦での出場を期待するのは難しく、月末の31日に予定されているセリエA第20節サンプドリア戦が現実的な復帰目標となるでしょう。

 

MF: サミ・ケディラ → 復帰時期未定

 内転筋を痛めたことでコッパ・イタリア決勝のベンチ入りが回避され、翌日の診察で「右もも内転筋に部分的な損傷」が確認されたと発表されています。

 どの程度の損傷であるかは数日後の再診察で目処が付けられる予定となっており、6月19日時点でケディラ選手の復帰時期は見通せない状況です。程度によってはシーズン終了もあり得ると言えるでしょう。

 追記: 2020年10月の国際Aマッチデーの時点で全体練習には復帰済ではあるものの、構想外の扱いのため公式戦で起用される可能性はほぼゼロとなっています。

 

 新型コロナ罹患による離脱

DF: マタイス・デ・リフト

 1月8日(金)に新型コロナの陽性反応を示したため、隔離下に置かれたとクラブから発表されました。症状に関する言及はありません。

 1月中に復帰することができるかが注目点になるでしょう。

 

DF: ファン・クアドラード

 現地1月5日の検査で新型コロナ陽性反応を示したため、隔離下に置かれたとクラブから発表されました。なお、無症状であるとのことです。

 発症しなければ、陰性となり次第復帰することになるでしょう。10日前後の離脱になるものと思われます。

 

DF: アレックス・サンドロ

 現地1月4日(月)に新型コロナの陽性反応を示し、隔離下に置かれたとクラブから発表されました。軽い症状が出ているとのことであり、「2021年1月中の起用は難しい」と見るべきでしょう。

 

 全体練習には復帰済の選手

 負傷から回復し、全体練習に復帰したものの、公式戦等にはまだ出場していない選手は次のとおりです。

  • 条件に該当する選手はいません