NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

ユベントスの怪我人情報・最新版(2019年12月13日現在)

 ユベントスに所属する選手の中で負傷により離脱している選手と復帰予想の時期をまとめました。現時点で離脱中の選手は以下のとおりです。

画像:Jメディカル
PR

 

 全体練習に参加できていない負傷離脱中の選手

MF: アーロン・ラムジー → 復帰時期未定

 左太もも筋肉の過負荷が原因で数日間は状態を観察する必要があると12月5日(金)にクラブから発表されました。

 1週間前後の離脱は不可避と思われるため、週末のセリエA第15節ラツィオ戦は欠場となるでしょう。来週の試合で招集メンバーに復帰できるまでに回復しているのかが注目点です。

 

MF: サミ・ケディラ → 2020年3月が復帰目標

 左ひざの不快感が続くため、12月4日にドイツで内視鏡を使ったクリーニング手術を受ける予定であると発表されました。回復までは少なくとも1ヶ月程度は必要になると考えられることから、復帰は年明けの2020年1月になることでしょう。

 追記1: 12月4日にドイツでクリーニング手術が行われ、無事に終了しました。「3ヶ月の離脱」とクラブから発表されたため、2020年3月が復帰の目標時期となります。

 

DF: ジョルジョ・キエッリーニ → 2020年3月前後が復帰目標

 8月30日に行われていた練習中に右ひざ前十字靭帯を負傷し、数日中に手術を受ける予定であることが発表されました。

 離脱期間に対する言及は現時点ではありませんが、少なくとも 2019/20 シーズンの前半戦は離脱することが確定的と言えるでしょう。まずは術後報告を待つ必要があります。

 追記1: 9月3日にオーストリア・インスブルックでフィンク教授が執刀する再建手術を受け、約6ヶ月の離脱になるとクラブから発表されました。

 

 全体練習には復帰済の選手

 負傷から回復し、全体練習に復帰したものの、公式戦等にはまだ出場していない選手は次のとおりです。

  • FW: マルコ・ピアツァ(9月10日の全体練習で部分的に復帰)
  • GK: マッティア・ペリン(10月16日の全体練習で復帰)
  • DF: マタイス・デ・リフト(12月13日の全体練習で復帰)
  • MF: ロドリゴ・ベンタンクール(12月13日の全体練習で復帰)
  • FW: ドウグラス・コスタ(12月13日の全体練習で復帰)

 なお、負傷離脱した経緯などは以下のとおりです。

 

FW: マルコ・ピアツァ → 2019年9月頃の復帰見込み

 2019年3月8日のトレーニング中に左ひざ前十字靭帯を損傷。同月15日に再建手術を受けたことが発表されています。

 フィオレンティーナから全治期間に対する言及はありませんが、4〜6ヶ月の離脱は濃厚です。そのため、「プレシーズン期間中にチームに合流できるか」が注目点です。

 

GK: マッティア・ペリン → 2019/20 シーズンの復帰予定

 4月1日に行われたセリエA第30節カリアリ戦の前日会見で「肩を痛めたため離脱する」とアッレグリ監督が言及しました。アヤックス戦に間に合うかは不透明で黄信号が灯っている状況です。後日発表されるであろう追加情報に注目です。

 負傷が癒えて4月13日の SPAL 戦に先発フル出場したのですが、翌14日の練習で右肩を負傷。16日のアヤックス戦は欠場するとクラブから発表されました。そのため、4月下旬の復帰を目指すことになるでしょう。

 追記1:4月14日(日)の練習中に右肩を脱臼し、19日に再建手術を受けたとクラブから発表されました。数ヶ月の離脱を要すると考えられるため、復帰は 2019/20 シーズンになると思われます。

 

DF: マタイス・デ・リフト → 復帰時期未定

 12月11日に行われるチャンピオンズリーグ第6節レバークーゼン戦の招集メンバーから外れたことがクラブから発表されました。

 外れた理由についての説明が皆無ですが、サッリ監督は前日会見で「木曜の全体練習には戻るべき」と発言しています。ドイツ遠征前にトリノで行われた公開練習で姿が確認されなかった(= ジムで調整していた)ため、状態が万全ではない何らかの理由を抱えているのだと考えられます。

 

MF: ロドリゴ・ベンタンクール → 復帰時期未定

 12月7日に行われたセリエA第15節ラツィオ戦の前半に右ひざを痛め、途中交代を強いられていました。翌日の検査結果は「打撲」だったものの、「内側側副靭帯に影響が及ぶ」と言及されており、靭帯を伸ばした形になったのでしょう。

 治療は開始されたとのことですから、“打撲が治った段階” でひざの痛みについての確認を行う形になると考えられます。

 レバークーゼン戦の帯同は見送りが濃厚ですが、今週末のセリエA第16節ウディネーゼ戦に間に合う可能性は十分にあるものと思われます。

 

FW: ドウグラス・コスタ → 2019年12月中旬の復帰予定

 11月23日に行われたセリエA第13節アタランタ戦で右太もも・半腱様筋を痛め、低グレードの損傷を負っていたことが明らかになったとクラブから発表されました。

 2週間ほどの離脱が見込まれると言及されており、12月11日に予定されているチャンピオンズリーグ第6節レバークーゼン戦の前後が復帰目標となるでしょう。