NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

こぼれ話

UEFA が『改正版 FFP』を発表、2023年7月1日以降は「減価償却費の計上期間」や「交換トレード」に影響あり

UEFA は公式サイト上で「執行委員会が『減価償却費の計上期間』や『選手の交換トレード』に関する FFP の規則変更を承認した」と発表いたしました。2023年7月1日以降から有効となりますが、現状では大きな影響にはならないでしょう。 PR (adsbygoogle = wind…

2023/24 シーズン以降は「守護神に相応しい2人の GK を擁すること」が裏目に出てしまったユベントス

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が「実力者の GK を2人擁するユベントスは将来構想をどうするのか」との記事を掲載しています。若返りが難しくなってしまった現状は芳しくないと言わざるを得ないでしょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).pus…

セリエA、2024/25 シーズン以降の放映権料交渉が難航してリーグ会議が延期に

『カルチョ・エ・ファイナツァ』によりますと、7月初旬に予定されていたレガ・セリエAの会合が延期になったとのこと。「2024/25 シーズン以降のイタリア国内向けセリエA放映権料」が議題だったため、放映権料の交渉が難航しているのでしょう。 PR (adsbygo…

『登録枠』より『年俸枠』の方がネックになりそうな 2023/24 シーズンのユベントス

2023年夏の移籍市場が開くまで1週間ほどとなったこともあり、ユベントスに関する移籍報道も “例年と同じ手法” での獲得が盛んに報じられています。 ただ、今夏は「チーム総年俸の削減」が至上命令であり、マスコミの報道はほとんどが空回りに終わるでしょう…

アニェッリ前会長、キャピタルゲイン疑惑による処分不服の申し立てを行政裁判所に行う

イタリアの通信社 ANSA によりますと、ユベントスのアニェッリ前会長がキャピタルゲイン疑惑でイタリア五輪委員会から下された2年間の職務停止処分に対する不服申し立てを行政裁判所に行ったとのことです。最後まで戦う意味は大いに存在するでしょう。 PR (a…

セリエA、2024/25 シーズン以降のイタリア国内向け放映権が希望額で応札されず苦境へ

『カルチョ・エ・フィナンツァ』によりますと、レガ・セリエAが「2024/25 シーズン以降のイタリア国内向けセリエA放映権」の入札を募ったもののリーグ機構側の希望額を満たす応札はなかったとのことです。厳しい現実が突き付けられたと言わざるを得ないで…

パオロ・ビアンコがユベントスのコーチングスタッフからモデナ(セリエB)の新指揮官に転身

セリエBのモデナは公式サイト上でパオロ・ビアンコ新監督の就任を発表いたしました。今季はユベントスのテクニカル・コラボレーターとして働いていたため、転身となります。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

勝点剥奪の原因となった『移籍金+若手有望株による交換トレード』の移籍交渉を報じるイタリア・メディア

2023年夏の移籍市場が開くまで1ヶ月を切ったこともあり、メディアが移籍情報を発信するようになっています。 ユベントス関係で気になるのは『移籍金+若手有望株による交換トレード』が昨夏までと同様に報じられていることでしょう。なぜなら、この手法を採…

2023年夏のセリエA上位勢は監督だけでなくスポーツディレクターにも大きな動きあり

2023年夏の移籍市場で上位勢の監督人事が注目されているセリエAですが、チームの編成責任者であるスポーツ・ディレクター(SD)の人事にも突如動きがありました。有能な SD を適切なタイミングで確保できるかはユベントスにとっても重要なテーマだと言える…

ファジョーリ、2022/23 シーズンのセリエA最優秀若手選手に選出される

レガ・セリエAは公式サイト上で 2022/23 シーズンの優秀選手およびチームを発表いたしました。ユベントスのニコロ・ファジョーリ選手が U-23 部門での最優秀選手に選出されています。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

2023年夏もセリエA上位勢の監督交代が活発になる可能性

2022/23 シーズンのセリエAが残り1試合となったことで来季の監督人事も報じられ始めています。今夏は2年前と同様に上位勢での監督交代が活発になる可能性があると言えるでしょう。 2023年5月30日時点でのセリエA上位勢の監督および各チームを取り巻く環境…

アッレグリ監督の「来季も勝てない」などとの発言で経営陣との間に隙間風?

ニコロ・スキーラ記者によりますと、セビージャ戦とエンポリ戦に敗戦した後にアッレグリ監督が残した発言でカルヴォ CFO など経営陣との関係が緊張しているとのことです。開き直る発言をしたのですから関係が悪化するのは当然と言わざるを得ないでしょう。 P…

ユベントス、2023/24 シーズンのホーム用ユニフォームのデザインを発表

ユベントスは公式サイト上で 2023/24 シーズンに着用するホーム用ユニフォーム(1st kit)のデザインを発表いたしました。白と黒のストライプに黄色がアクセントカラーで採用されたデザインになっています。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).pu…

ケルビーニSDへのスポーツ司法での職務停止処分が科されたユベントス、「新 SD 探し」をせざるを得ない状況へ

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が「ユベントスは新たなスポーツ・ディレクター探しに本腰を入れるだろう」と報じています。これは不正会計問題でケルビーニ SD への職務停止処分がイタリアのスポーツ司法で確定したことが理由です。 PR (adsbygoogle = wind…

FIGC、連盟控訴裁判所が確定させた『ルカクに対する1試合出場停止処分』を会長権限の恩赦で白紙撤回

イタリア・サッカー連盟は公式サイト上でグラヴィーナ会長が恩赦を発令し、ルカク選手に対する1試合の出場停止処分が撤回されたと発表いたしました。 これにより、ルカク選手は4月26日に行われるユベントスとのコッパ・イタリア準決勝セカンドレグへの出場が…

セリエA第31節ナポリ戦での一部スタンド閉鎖処分は『撤回』で確定

イタリア・サッカー連盟(FIGC)は公式サイト上で連盟控訴裁判所でユベントスに科されていた「2022/23 セリエA第31節ナポリ戦での一部スタンド閉鎖処分が撤回された」と発表いたしました。ユベントスは満員のスタジアムから後押しを得ることになります。 PR…

アボディ・スポーツ大臣、「2032年欧州選手権の誘致はスタジアム整備を行う千載一遇の好機」と持ち上げる

『スカイ・イタリア』によりますと、イタリアのスポーツ大臣を務めるアンドレア・アボディ氏が「2032年開催の欧州選手権を誘致してスタジアム整備などを進めよう」と呼びかけたとのことです。 イタリア・サッカー連盟(FIGC)のプランに同調した形ですが、ユ…

FIGC 控訴裁判所、セリエA第31節ナポリ戦での一部スタンド閉鎖処分の差し止めを命じる

イタリア・サッカー連盟(FIGC)は公式サイト上でユベントスからの不服申し立てに対する裁定を発表いたしました。ナポリ戦での南スタンドの一部閉鎖処分は差し止めが命じられる形となっています。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

レガ・セリエA、ルカクへの人種差別問題で「人種差別は許されない」との政治的動機が全開の声明を発表

レガ・セリエAは公式サイト上で「人種差別は許されない」との声明を発表いたしました。 ルカク選手への人種差別問題に対して発表されて声明なのですが、「 “特定条件下の人種差別にのみ” 反対する」とのリーグ機構側の姿勢が示されていることが問題です。根…

ユベントス、意図的に監督をベンチ外にしたアカデミーの全国大会を実施

『トゥット・スポルト』が「ユベントスがアカデミーの育成年代で監督を意図的にスタンド観戦にした状態でプレーをしていた」と驚きを持って報じています。プレー以外の狙いについて補足する必要がある記事だと言えるでしょう。 PR (adsbygoogle = window.ads…

ミラノにあるユベントス・ストアの旗艦店でダニーロ、A・サンドロ、ケーンがサイン会を実施

ユベントスは公式サイト上でミラノにあるユベントス・ストアでダニーロ、A・サンドロ、ケーンの3選手が即席のサイン会を実施してファンサービスを行なったと発表いたしました。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

イタリア・サッカー連盟、セリエA放映権の希望額での売却に暗雲が立ち込めたことで焦り出す

イタリア・サッカー連盟(FIGC)のグラヴィーナ会長がミラノにあるボッコーニ商業大学での講演で「セリエAの放映権料が大幅下落すると修復不可能な損害が出る」と危機感を露わにしたと『トゥット・スポルト』が報じています。 ただ、この問題は FIGC を含む…

ユベントス、アッレグリ監督と来季のチーム構想を練るための会談を予定?

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によりますと、ユベントスが 2023/24 シーズンのチーム構想を練るためにアッレグリ監督との会談を予定しているとのことです。近日中に決まるのは「大まかな方向性」に留まると思われます。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoo…

ユベントス、ヨーロッパリーグの決勝トーナメントでも “トリデンテ” の導入を検討?

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によりますと、ユベントスが UEFA ヨーロッパリーグの決勝ラウンドでもディ・マリア、ヴラホヴィッチ・キエーザの3選手によるトリデンテで戦う可能性があるとのことです。 この見立てに関しては「主力組が “トリデンテ” を基…

欧州スーパーリーグ構想が再始動、UEFA と真っ向から対峙する方針が示される

ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)の実施に向けて動く『a22 スポーツ・マネジメント』が新たな構想を発表したと『スカイ・イタリア』などが報じています。 現状では「UEFA チャンピオンズリーグを彷彿させる大会フォーマット」が採られており、UEFA と真っ…

ナポリ戦での大敗によって『アッレグリ更迭論』が再び燻り始める

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によりますと、週明けに行われる株主総会で取締役会が新たに発足するユベントスで「ナポリ戦での大敗」を理由に『アッレグリ更迭論』が再燃する可能性があるとのことです。 「ジダン就任」の可能性もありますが、基本的には「…

レガ・セリエA、2022/23 シーズン後半戦からの『半自動オフサイドシステム』の導入を発表

レガ・セリエAは公式サイト上でカタールW杯で採用された『半自動オフサイドシステム』を 2022/23 シーズン後半戦およびスーペルコッパで導入すると発表いたしました。導入を急いだのは今季第6節での大失態が理由でしょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbyg…

アッレグリの副官ランドゥッチがBチームのポルデノーネ戦を視察

アッレグリ監督の下で副監督を務めるランドゥッチ氏が現地1月8日に行われたBチーム(= Next Gen)のポルデノーネ戦を視察していたと『トゥット・スポルト』が記事にしています。コッパ・イタリアなどで起用を検討する選手の査定が目的と思われます。 PR (ad…

ポグバとパレデス、ガゼッタ紙の『2022年夏の残念な補強10選』に選出される

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が「2022年夏の残念な補強10選」を記事にしていましたので紹介したいと思います。ユベントスから選出されたポグバ選手とパレデス選手は「妥当」と言えるでしょう。 選出された選手は以下のとおりです。 PR (adsbygoogle = win…

モイゼ・ケーン、代理人をアレッサンドロ・ルッチ氏が率いる WSA に変更

代理人のアレッサンドロ・ルッチ氏はインスタグラム上でユベントスのケーン選手を顧客として迎え入れたと発表いたしました。ケーン選手は故ミーノ・ライオラ氏のグループから代理人を変更したことになります。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).…