NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

キャピタルゲインゲート

FIGC、ユーヴェへの勝点15剥奪の理由を『スポーツ法第4条』と『コンテの八百長問題と同じロジック』に求める

イタリア・サッカー連盟(FIGC)は公式サイト上でユベントスに「勝点15剥奪」の処分を科した理由を公表しました。「ユーヴェ側が無実を証明できなかったから」との処分理由は『コンテ監督の八百長問題』を彷彿させるものとなっています。 PR (adsbygoogle = …

FIGC控訴裁判所、キャピタルゲインゲート問題の再審請求でユベントスに勝点15剥奪の制裁を科す

イタリア・サッカー連盟は公式サイト上でユベントスに勝点15剥奪の制裁などを科すと発表いたしました。“キャプタルゲインゲート” を理由に来季のチャンピオンズリーグ出場権を剥奪することが狙いでしょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).pus…

ルチアーノ・モッジ、ユベントスの株主総会で「キャピタルゲイン疑惑を再調査するならカルチョポリも同様にやれ」と熱弁を振るう

『スカイ・イタリア』などのメディアによりますと、12月27日に行われたユベントスの株主総会でルチアーノ・モッジ氏が「キャピタルゲイン疑惑を再調査するならカルチョポリも再調査だ」と主張する一幕があったとのことです。 PR (adsbygoogle = window.adsby…

FIGC、全面敗訴となったキャピタルゲイン問題でユベントスを含む9クラブ相手取った再審請求を実施

イタリア・サッカー連盟(FIGC)は公式サイト上でユベントスを含む9クラブ・52名を対象にした訴訟を再提起したと発表いたしました。ユベントス側は不快感を露わにする声明文を掲載しています。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

トリノ地検、ユベントスに対する予審請求却下に対する不服申し立てを取り下げる

『トゥット・スポルト』によりますと、トリノ地検が不正会計容疑でユベントスを被告とする予審請求が却下されたことに対する不服申し立てを取り下げたとのことです。 時系列は以下のとおりです。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

トリノ地検によるユベントスの不正会計疑惑への予審請求は担当判事によって却下される

『トゥット・スポルト』によりますと、トリノ地検によるユベントスの不正会計疑惑に対する予審請求が担当判事によって却下されたとのことです。検察側の世論誘導による効果は限定的と現段階で言えるでしょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).…

アボディ・スポーツ大臣:「ユーヴェだけはないだろう。カルチョの掃除が必要」

ユベントスの不正会計疑惑に対し、イタリア政府のアボディ・スポーツ相がメディアの囲み取材にコメントを残したことを『トゥット・スポルト』が報じていましたので概要を紹介いたします。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ユベントスに対する当局の捜査状況(日本時間2022年12月1日時点)

取締役会が総辞職したユベントスを取り巻く状況を『スカイ・イタリア』が整理していましたので「当局が行なっている捜査の対象や項目」について主要な部分を紹介いたします。 一般司法とスポーツ司法の2系統が動いており、主な捜査状況は以下のとおりです。 …

ユベントスの不正会計疑惑、トリノ検察庁の捜査終了を機に再燃?

『トゥット・スポルト』によりますと、トリノ検察庁の予備捜査が終了したことを(機に捜査資料が公開されたことを)受け、ユベントスの不正会計疑惑が再燃する可能性があるとのことです。 ユベントス側はアニェッリ会長が疑惑を否定しており、喧騒に巻き込ま…

キャピタルゲインゲート問題: FIGC の請求は全面棄却される

イタリア・サッカー連盟がユベントスやナポリなどを「キャピタルゲインの水増しを行った」との理由で制裁を要求していた裁判で連盟裁判所は「原告の請求を棄却する」との判決を出したと FIGC が認めています。 判決の理由は後日公表となっているため、FIGC …

FIGC、キャピタルゲイン・ゲートでユベントス取締役会に「8〜16ヶ月の職務停止」を求刑

イタリア・サッカー連盟は公式サイト上で『キャピタルゲイン・ゲート』に関わったとされる個人およびクラブに対する求刑を発表いたしました。ユベントスでは当時の取締役会に対し、8〜16ヶ月の職務停止が求刑されています。 PR (adsbygoogle = window.adsbyg…

キエッリーニら重鎮選手が “キャピタルゲイン・ゲート” に関する事情聴取を受ける

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によりますと、キエッリーニ選手などユベントスのベテラン選手が “オペレーション・プリズマ” に関する捜査当局からの事情聴取に応じたとのことです。捜査は継続中と言えるでしょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle ||…

ユベントスやナポリら計11クラブが “キャピタルゲイン・ゲート” で連邦裁に送致される

イタリア・サッカー連盟は公式サイト上で “キャピタルゲイン・ゲート” に関し、11のクラブと61名の監督・コーチを連邦裁判所に送致したと発表いたしました。司法に判断が委ねられることになったと言えるでしょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || …

ユベントスの不正会計問題を捜査中の検察当局がディバラに参考人としての事情聴取を実施

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によりますと、ユベントスに “オペレーション・プリズマ” に関係する『新たな不正会計処理問題』が浮上したことでディバラ選手が事情聴取を受けたとのことです。 ただ、容疑者ではなく「クラブの内情を知る参考人に対するヒア…

トリノ検察庁、キャピタルゲイン問題に関連するユベントスへの新たな捜査を開始

『ラ・スタンパ』によりますと、ユベントスの粉飾決算問題を捜査しているトリノ検察庁が “オペレーション・プリズマ” に関連する新たな捜査を開始したとのことです。容疑は「負債への計上漏れ」と報じられています。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle ||…

ユベントスがキャピタルゲイン問題に対する捜査終了の通知を受けたと発表、今後の舞台は司法へ

ユベントスは公式サイト上でキャピタルゲイン問題に対する声明文を発表いたしました。当局から「捜査終了」の通知を得たものの処分内容などは確定しておらず、司法に舞台を移すと予想されます。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ユベントスのキャピタルゲイン問題の現状 【2021年12月4日時点】

ユベントスが「キャピタルゲインの不正計上」の容疑で当局から捜査を受けている件で対象が各所に拡大しています。ただ、捜査対象は当初から変わっていません。現状を整理することにしましょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ユベントス、クラブの取締役とオフィスが決算書への虚偽記載容疑で捜査を受けた報道を認める

ユベントスは公式サイト上で取締役およびクラブオフィスが『決算資料の虚偽記載など』を理由にトリノ裁判所の検察官による家宅捜索を受けたと発表いたしました。クラブは「法に基づき適切に対処したと信じている」と表明しています。 PR (adsbygoogle = wind…

キャピタルゲイン・スキャンダルでユベントスのクラブオフィスが捜査の対象となる

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によりますと、交換トレードを悪用した粉飾決済疑惑があるユベントスのクラブオフィスに検察が立ち入り調査を行われたことが当局から発表されたとのことです。 捜査理由などは以下のとおりです。 PR (adsbygoogle = window.ad…

監査委員会が調査を行うキャピタルゲイン事件、FIGC のグラビーナ会長は「将来に向けた予防策」と言及

FIGC のプロサッカークラブ監査委員会(COVISOC)が「クラブ間の交換トレードで不透明な移籍が行われているので調査をするようグラビーナ会長に要請した」と『スカイ・イタリア』などが報じています。 ただ、グラビーナ会長は「将来に向けた予防策」と言及し…