NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

こぼれ話

レガ・セリエA、プーマ製の 2022/23 シーズン用公式球を発表

レガ・セリエAは公式サイト上でプーマ製の 2022/23 シーズン用公式球をお披露目いたしました。ナイキからプーマに公式球が変更された最初のシーズンとなります。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

フェデリコ・ガッティ、セリエAでの出場歴が皆無のままイタリア代表でデビューを果たす

2022/23 UEFA ネーションズリーグ・リーグA第3節イングランド戦でユベントスが今年1月に保有権を獲得したガッティ選手がセリエAでの出場経験がないまま、代表チーム(の公式戦)で先発フル出場を果たしました。 試合後に『スカイ・イタリア』からのインタ…

ユベントス、来季からの戦術スタッフにデ・ゼルビ監督の下で同職を務めるパオロ・ビアンコを招聘?

『トゥット・スポルト』によりますと、ユベントスが2019年からデ・ゼルビ監督の下で戦術スタッフとして働いているパオロ・ビアンコ氏の招聘に動いているとのことです。“異なる戦術的価値観” を持つ人材は必要でしたし、今後の展開が注目点でしょう。 PR (ads…

ユベントス復帰後のポグバのポジションは慣れ親しんだ左インサイドハーフ?

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』はユベントスが再獲得を目指すポグバ選手が復帰した場合、ポジションは「メッザーラ(=インサイドハーフ)」になると予想しています。少なくとも序盤戦は “メッザーラ” での起用が中心となるでしょう。 PR (adsbygoogle = wi…

スーパーリーグ推進派と UEFA の法廷闘争、欧州司法裁判所での審査が7月11日と12日に実施の予定

『スカイ・イタリア』によりますと、スーパーリーグ構想を巡る法廷闘争が7月11日と12日に欧州司法裁判所で審査が行われる予定とのことです。「どのような司法判断が下されるのか」がポイントになります。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push(…

ヴラホビッチのセルビア代表から離脱理由はグロインペインとの報道もプレシーズンには間に合う模様

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によりますと、ヴラホビッチ選手がセルビア代表から離脱した理由はグロインペインとのことです。7月上旬からのプレシーズンには間に合うと見られており、大きな心配要素にはならないでしょう。 PR (adsbygoogle = window.adsb…

キエーザとヴラホビッチ、F1 モナコ GP を現地観戦

F1 のスクーデリア・フェラーリがユベントスのキエーザ選手とヴラホビッチ選手がモナコ GP を現地観戦したとツイッターで報告しています。束の間の休日を満喫していると言えるでしょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ユベントス、期限付き移籍中の若手・中堅選手の処遇が『新たな課題』として浮上

Bチーム(= U-23)を発足して4年が経過したことにより、ユベントスが保有権を持つ若手・中堅選手の数が増加しています。プリマベーラから若手有望株が U-23 に供給され続けることを考えると「処遇」が課題になるでしょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbyg…

2022/23 シーズンのセリエAを率いる主要な監督(2022年5月26日時点)

2022/23 シーズンのセリエAに所属するクラブを率いるを目される監督について整理することにしましょう。2022年5月26日時点ではボトムハームのチームに空席が目立つ形になっています。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ユベントス、2022/23 シーズンのホーム用ユニフォームを発表

ユベントスは公式サイト上で 2022/23 シーズンのホーム用ユニフォームのデザインを発表いたしました。ストライプ部分が『三角形の幾何学模様』で描かれていることが特徴的と言えるでしょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

イタリア国外から獲得した選手への税制優遇措置を定めた『成長令』が改正され、若手有望株の囲い込みが困難に

『スカイ・イタリア』によりますと、“イタリア国外から獲得した選手” が支払う所得税を軽減するための『成長令』の改正が上院で可決されたとのことです。適用対象に「年齢」と「年俸」が制約として加わったため、影響を受けるクラブが現れることでしょう。 …

ユベントス、ディバラが退団した後はキエーザに「背番号10」を託す?

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によりますと、ユベントスがディバラ選手の退団によって空き番号となる「背番号10」をキエーザ選手に託す意向を持っているとのことです。重圧のある番号なだけに状況を見守る必要があるでしょう。 PR (adsbygoogle = window.a…

ユベントス、今週末のボローニャ戦で着用する『コブラとのコラボによる第4ユニフォーム』を発表

ユベントスは公式サイト上でエドゥアルド・コブラ氏とのコラボレーションによって作成された『第4ユニフォーム』を発表いたしました。今週末に開催されるセリエA第33節ボローニャ戦で着用される予定となっています。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle …

UEFA、FFP に代わる新規則 "Financial Sustainability regulations" の採用を正式発表

UEFA は公式サイト上で FFP (Financial Fair Play) に代わる新たな財務規則となる "Financial Sustainability regulations" の導入が採択されたと発表いたしました。年俸・移籍金・手数料に費やせる額に制限が設けられることになります。 PR (adsbygoogle = …

UEFA が “新たな FFP” となる FSR (Financial Sustainability Regulations) の導入を画策中

『ニューヨーク・タイムズ』によりますと、UEFA が FFP (Financial Fair Play) に代わる新しい規則を導入しようとしているとのことです。"Financial Sustainability Regulations" と銘打たれた規則ではプレミア勢が恩恵を受けることになるでしょう。 PR (ads…

セリエA、2022/23 シーズンからプーマ製の公式球を採用すると発表

レガ・セリエAは公式サイト上で 2022/23 シーズンからプーマ社とサプライヤー契約を締結したと発表しました。これにより、セリエAやコッパ・イタリアなどで使用される公式球がプーマ製に変更されます。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push(…

ブラジル代表に帯同中のA・サンドロが新型コロナ陽性で離脱

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によりますと、ブラジル代表に帯同中のアレックス・サンドロ選手が新型コロナの陽性を示したことで隔離の対象になったとのことです。無症状であるものの戦線離脱は避けられないでしょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoog…

FIFA、2022/23 シーズンからの期限付き移籍の人数制限に向けて動く

FIFA は公式サイト上で国境を跨ぐ期限付き移籍に対する人数制限を設ける規則の制定を評議会に諮り、2022年7月から導入する意向であると発表いたしました。国外に期限付き移籍させている選手を多く擁するユベントスも他人事ではいられないと思われます。 PR (…

シュチェスニーが『有効なスーパーグリーンパス』を保持していない理由

1月12日に開催されるスーペルコッパでユベントスの正 GK シュチェスニー選手がベンチスタートになるとアッレグリ監督が前日会見で言及しました。そうなった理由に触れておくことにしましょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アルトゥールとデ・ウィンターの新型コロナ陰性が確認され、隔離措置が終了

ユベントスは公式サイト上で MF アルトゥール選手とBチーム(= U-23)に所属する DF デ・ウィンター選手が新型コロナ陰性となったことが確認されたため、隔離措置が完了したと発表いたしました。 なお、アルトゥール選手はナポリ戦の招集メンバー入りをする…

アルトゥールとピンソーリョが新型コロナ陽性反応で隔離の対象に

ユベントスは公式サイト上でアルトゥール選手とピンソーリョ選手が新型コロナ陽性反応を示したと発表いたしました。なお、両選手の隔離は既に開始されています。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アリアンツ・スタジアムでのユベントス戦で使用されている曲 (2021/22 シーズン現在)

ユベントスのアリアンツ・スタジアムで行われる試合で使用されている音楽をまとめましたので紹介いたします。2021/22 シーズンに使われている曲は以下のとおりです。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

2021/22 シーズン前半戦でのユベントス所属選手の出場時間

2021/22 シーズンの前半戦が終了し、冬季中断期間に入りましたのでユベントスに所属する選手の出場時間をグラフ化したので紹介いたします。 グラフは以下のとおりです。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ベルナルデスキもアルトゥールに続いて代理人をフェデリコ・パストレッロ氏に変更

有力な代理人であるフェデリコ・パストレッロ氏が自身のインスタグラムでベルナルデスキ選手との契約を締結したと発表いたしました。直近ではアルトゥール選手とも契約しており、影響力が増すことになるでしょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || …

アルトゥールが代理人をフェデリコ・パストレッロ氏に変更

ルカク選手のチェルシー移籍を支援した代理人のフェデリコ・パストレッロ氏がユベントスのアルトゥール選手を新たに顧客に迎えたと自身のインスタグラムで公表しています。去就に関する動きを見守る意味が生じたと言えるでしょう。 PR (adsbygoogle = window…

監査委員会が調査を行うキャピタルゲイン事件、FIGC のグラビーナ会長は「将来に向けた予防策」と言及

FIGC のプロサッカークラブ監査委員会(COVISOC)が「クラブ間の交換トレードで不透明な移籍が行われているので調査をするようグラビーナ会長に要請した」と『スカイ・イタリア』などが報じています。 ただ、グラビーナ会長は「将来に向けた予防策」と言及し…

"Kean" の発音、ユベンティーノ内でも票が割れるも本人が「モイーズ・ケン」と発言

ローマ戦で決勝ゴールを決めたケーン選手の "KEAN" を正しく発音したかをユベントスの公式ツイッターがアンケートを取っていましたので紹介いたします。なお、選手自身は「モイーズ・ケン」と発音しています。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).…

ユベントス、南米代表組とラビオの不在でローマ戦では中盤 MF が野戦病院状態に

国際Aマッチデーも過密日程であるため、南米代表組を多く抱えるユベントスなどは選手を起用しにくい状況に直面しています。ラビオ選手の起用も難しい現状であり、アッレグリ監督は頭を悩ませることになるでしょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle ||…

コストパフォーマンスが悪すぎるラムジーへの風当たりが強まる

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がチーム屈指の高給取りであるにも関わらず負傷離脱で戦力として計算できていないラムジー選手への批判を強めています。現状では序列が下がる一方と言わざるを得ないでしょう。 PR (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).…

UEFA、『スーパーリーグ構想』に留まり続ける3クラブに対する懲戒手続きは「なかったことにする」と宣言

UEFA は公式サイト上で「『スーパーリーグ構想』に留まり続けているレアル・マドリード、バルセロナ、ユベントスの3クラブに対する懲戒手続きは行われなかったのごとく無効とする」との声明を発表いたしました。敗北宣言と言えるでしょう。 PR (adsbygoogle …