NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

ピルロ監督を支えるスタッフの1人として、イゴール・トゥドルが入閣?

 ガゼッタ・デッロ・スポルト』などによりますと、クロアチアのハイドゥク・スプリトで監督を務めているイゴール・トゥドル氏がピルロ監督の支えるスタッフの1人としてユベントスに復帰する可能性があるとのことです。

画像:ユベントス復帰が噂されるイゴール・トゥドル氏
PR

 

 ピルロ監督の昇格を発表したユベントスですが、監督以外の人事は未決定の状況が続いています。サッリ監督を筆頭に(お付きの)副監督やコーチ陣も解任して空席のままですから、スタッフの組閣を急ぐ必要があることも事実です。

表: ユベントスの監督・コーチ陣
サッリ政権 ピルロ政権
監督 M・サッリ A・ピルロ
助監督 G・マルトゥシェッロ R・バローニオ?
I・トゥドル?
コーチ G・ピッチオーニ
L・ベオーニ
GK コーチ M・ネンチ
C・フィリッピ
フィットネスコーチ 長:D・トニャッチーニ
D・ロージ
D・ランザート

D・フェッラーリ
A・ペルトゥジオ
E・マッフェル
長: P・ベルテッリ?

 名前が出ているのは副監督で 2019/20 シーズン途中までナポリのプリマベーラを率いていたロベルト・バローニオ氏とコンテ監督時代にフィジカルトレーナーを務めたパオロ・ベルテッリ氏です。

 ここにイゴール・トゥドル氏の名前も加わることになりました。ただ、トゥドル氏は現在クロアチアのハイドゥク・スプリトとの監督契約があるため、これを解除しなければユベントスに復帰することはできません。そのため、少し時間を要することになるでしょう。

 

 トゥドル氏にスタッフ入りを要望する理由は「ピルロ監督(やバローニオ氏)にはない能力を持っているから」でしょう。

 現役時代のピルロ監督が最大の武器にしていたのは「ビジョン」と「キック精度」で、逆に「フィジカルを活かした守備」は全くの苦手でした。一方、“武闘派” で鳴らしたトゥドル氏は「フィジカルを活かした守備」は十八番です。

 ポジショナル・プレーの原則をチームに植え付けることで『守備のデュエル』が発生する頻度は下げられますが、回避することはできません。ここが弱いと失点する確率が跳ね上がるのですから、1対1での守備ノウハウを持つ指導者を招聘するのは合理的なことです。

 

 ピルロ監督を支えるコーチングスタッフ陣がどのようなメンバー編成になるのかに注目です。