読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【試合後コメント】 2016/17 セリエA第7節 エンポリ対ユベントス

 10月の代表ウィーク前の最終戦となったセリエA第7節エンポリ戦の試合後コメントを紹介いたします。

画像:ガゼッタ紙の一面(2016年10月3日付)
PR

 

マッシミリアーノ・アッレグリ監督:
「選手たちは滑りやすいピッチ上で良くプレーしてくれました。カウンターアタックをやや多めに受けましたが、これはフィニッシュまで持ち込めなかったことが原因です。

 難しい試合でしたが、先制ゴールが決まった後はイージーな展開となりました。改善する必要はありますが、パフォーマンスは良かったと言えるでしょう。

 3-0 とした後に選手たちが試合をコントロールしようと見せた成熟度は私が好むことです。私達が改善することができ、ボールをもっと上手く動かすことができた場合であってもです。

 ライン間が伸びていたこともあり、いくつかのリスクがありました。中盤において、現状の私達では屈強な守備を擁していません。このようなケースではテンポを落としたり、コントロールすることが重要となるのです。

 ピアニッチのパフォーマンスには非常に満足しています。重要なパスを何本か供給しましたし、意図も明確で、私達のフットボールにクオリティーを与えてくれましたから」

 

パウロ・ディバラ選手:
「セリエAでもゴールを必要としていました。ザグレブ戦で壁を突破できたのですから、これから良くなるだろうと思っていました。

 イグアインとは常に一緒にいます。すべての時間においてですし、フットボールのことだけではありません。ですから、ピッチ上でも良好な関係となることは理にかなっているのです。

 ザグレブ戦と比較してオープンな展開でした。それだけ動けるスペースがあったのです。私達は1試合ずつ積み重ねる必要があります。常に勝利したいですし、失点はしたくありません」

 

エルナネス選手:
「前にクオリティーを持った選手がいるのですから、私の仕事は彼らを輝かせることであり、監督からもボールを保持している・していないに関係なく、そう指示されていました。

 私達は成長中であり、成熟度という点においても、この1週間は素晴らしいレベルにあることを示しました。アウェイ3連戦を3連勝で終えたのです。バランス、決断力、そして注意力があることをこれらの試合で示しました。(代表戦で)少しの休息を迎えますが、それから仕事が再開されます。

 得点ができるという空気は感じていましたが、確実なものは決して存在しないのです。敗ける可能性もありました。スペースはあったのですが、エンポリはすぐにリカバリーしていました。正しい姿勢を持ち合わせていなければ、私達はホームに白星を持ち帰ることはできなかったでしょう」

広告を非表示にする