NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

マンドラゴラ、U-21 イタリア代表では CB として U-21 スペイン戦にフル出場

 U-21 イタリア代表に招集されていたマンドラゴラ選手ですが、3月に行われた2試合ではいずれも CB としてプレーしたと公式サイトで紹介されています。

画像:CB としてプレーしたマンドラゴラ

 マンドラゴラ選手の出場記録は下表のとおりです。

PR

 

表1:マンドラゴラ選手の出場記録
日時対戦相手Pos.時間
2017/03/23 U-21 ポーランド (A)
[ 1 - 2 ]
CB (29')
2017/03/27 U-21 スペイン (H)
[ 1 - 2 ]
CB 90'

 23日に行われたポーランド戦は後半途中からの出場だったのですが、27日に行われたスペイン戦では先発フル出場を果たしています。

 U-21 スペイン代表の攻撃陣がイニャキ・ウィリアムズ、ボルハ・マジョラル、アセンシオの3トップに、サウール・ニゲス、デニス・スアレスの2選手が中盤から顔を出す強烈なものであることを考えると、DF としても高い評価を受けているものと思われます。

 これをユベントスがどう評価するかでしょう。昨年4月に負傷するまで、マンドラゴラ選手は U-21 イタリア代表で「中盤の主力」としてプレーしていました。プリマベーラで出場した今季2試合でも同様です。

 ペスカーラにレンタル移籍をしていた昨季後半は CB としてプレーしていたことは事実であり、“左利きの CB” として育てるのか、“左利きの中盤” として育てるのかが注目になると言えそうです。

 

 なお、アウデーロ選手の出場記録は次のとおりです。

表2:アウデーロ選手の出場記録
日時対戦相手Pos.時間
2017/03/23 U-20 ポーランド (A)
[ 3 - 1 ]
GK 90'
2017/03/27 U-21 スペイン (H)
[ 1 - 2 ]
GK

 アウデーロ選手は U-20 イタリア代表に帯同し、ポーランド戦にフル出場しました。その後、U-21 イタリア代表から招集を受け、U-21 スペイン戦ではベンチ入りを果たしています。

 イタリア代表の若手 GK はドンナルンマ選手を筆頭に、メレト選手やスクフェット選手と注目株の選手が多くいます。実戦経験を積み、継続したパフォーマンスを披露する機会を掴むことができるかがアウデーロ選手の課題と言えるでしょう。

 良い成長曲線を描き続けることができるのかに注目です。