NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

アッレグリ:「チャンピオンズリーグを勝ち取りたいという願望は常に持ち合わせている」

 ユベントスが公式サイト上でミラノで行われたサムスンのイベントに出席したアッレグリ監督がメディアからの囲み取材に応じたことを取り上げていましたので概要を紹介いたします。

画像:ミラノで囲み取材に応じるアッレグリ監督
PR

 

マッシミリアーノ・アッレグリ監督:
「カペッロのミランは私のペスカーラに 5-4 で勝利した時、カペッロは勝った後の試合は敗けないと言い、実際にそうなりました。ですが、事実は彼らは1試合ずつ勝利を積み重ねていたのです。

 私達はリーグ再開戦で監督を変更したジェノアと対戦します。簡単な試合にはならないでしょう。

 

 チャンピオンズリーグを勝ち取りたいという欲求は私が初めて参加した2010年から持ち続けています。

 今年が良い1年になることを私達は望んでいますし、良いスタートを切りました。私達はこの道を歩み続けなければなりません。

 何選手かは戦線に復帰するでしょう。D・コスタは準備できていますし、ケディラは診察結果を待っています。それから、12月29日まで待ち構えている山場を乗り越えるための用意を始めなければならないのです。

 

 アッズーリ?ウクライナとの親善試合で良い試合をしたと思いますし、時間を与えるべきでしょう。

 時間を与えることで、多くのタレントが成長します。逆に少なければ、それが見込めません。ですが、すべてがダメになると言うことはありません。

 トレーニング・メソッドにおいては少し立ち返るべきです。子供たちはプレーを楽しむべきであり、フットボールを科学のように扱おうとすべきではありません。なぜなら、試合のスキームとは異なっているからです」