読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

プリマベーラ、トゥレの決勝ゴールでプロ・ベルチェッリに勝利

 UEFA ユースリーグのセビージャ戦で勝利を取り戻したユベントスはカンピオナート・プリマベーラ第9節プロ・ベルチェッリ戦をトゥレ選手の決勝ゴールで 1-2 の勝利をあげ、公式戦2連勝となりました。

画像:キャプテンとしてプレーしたボヴェ

 試合に出場した選手は下表のとおりです。

PR

 

表1:出場選手一覧
('16/17 プリマベーラ第9節 プロ・ベルチェッリ戦)
 選手名
GK 1: マルリッキ
DF 2: センペリーニ
5: ヴォリャッコ
6: アンデルセン(→ 12' st. 14: ムラトーレ)
3: コッコロ
MF 8: ボヴェ (C)
4: トゥレ
7: メリオ(→ 27' st. 15: ヌジャイ)
FW 10: モスティ
9: ゼチリ(→ 43' st. 16: ロジェリオ)
11: レリス

 グロッソ監督は 4-3-3 を選択。セビージャ戦に出場した選手に休養を与えるターンオーバーを実施し、プロ・ベルチェッリとのアウェイ戦を迎えます。

 

 試合は1分にベルチェッリがゴール正面でFKを獲得する展開で始まります。しかし、ロザーノ選手のキックは枠を外れ、ユベントスは難を逃れます。

 ユベントスはここからエンジンがかかり、相手陣内でボールを保持する時間が増えます。対するベルチェッリはロングボールを使ったカウンターに比重を移し、試合の構図が固まり、時間が経過します。

 26分に裏のスペースに抜け出したゼチリ選手が右足で狙うも、これはGKが足に当ててセーブ。徐々にユベントスの流れになると、35分に均衡が破れます。

 ゼチリ選手を狙ったロングボールをGKがパンチングでクリアしたボールをフォローのために走り込んだモスティ選手が流し込み、ユベントスが先制することに成功します。前半はこのまま 0-1 で終了。ユベントスがリードをして後半を迎えます。

 後半に入ると、同点に追いつきたいプロ・ベルチェッリが前に出てきたため、戦況は一進一退となります。ユベントスは54分にCKの混戦から決定的なシュートを放つも、2点目を奪うことはできず、1点差のまま時間が経過します。

 このまま試合終了かと思われた85分から試合は目まぐるしく動きます。ベルチェッリのDFラインからのロングボールを頭でGKに戻そうとしたムラトーレ選手のバックパスが自らキャッチしようと前に出た第2GKマルリッキ選手の頭上を越え、オウンゴールで同点に追いつかれます。

 それでも、直後の86分にCKでベルチェッリがクリアしたボールをユベントスが奪い取り、ヴォリャッコ選手が落としたところをトゥレ選手が決め、ユベントスが再びリードすることに成功します。

 92分にはモスティ選手がエリア内で倒され、PKを獲得。レリス選手が蹴ったPKはストップされてしまうものの、試合はユベントスが 1-2 で勝利。リーグ戦の連敗を2で止めることに成功しました。

 

 試合後、グロッソ監督は以下のようにコメントしています。

ファビオ・グロッソ監督:
「セビージャ戦とは7選手が入れ代わり、試合がスタートしました。どの選手たちが起用できる状態であるか、また全選手にプレーする機会があることが示されたことが事実だと思います。

 シーズンは長く、厳しいものです。私達はすべての大会を戦っていますし、自分たちが持っているクオリティーを継続するためにトレーニングを続けなければなりません」

2016/17 プリマベーラ順位表:グループB
 チーム名勝点得失
1 サッスオーロ 9 6 1 2 19 +10
2 ユベントス 9 6 1 2 19 +10
3 キエーボ 9 5 3 1 18 +15
4 トリノ 9 5 3 1 18 +11
5 ウディネーゼ 9 5 5 2 17 +5

 

 プリマベーラの次節は11月30日(水)に行われるフィオレンティーナとのコッパ・イタリア・プリマベーラのラウンド16。一発勝負ですから、グロッソ監督がターンオーバーをした上で勝利を掴めたということは大きいと言えるでしょう。

 昨シーズンは準優勝だったコッパ・イタリア・プリマベーラで忘れ物を取りに行くことができるかという点にも注目です。

広告を非表示にする