NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

ケディラの左ひざクリーニング手術は無事終了、離脱期間は3ヶ月と発表

 ユベントスは公式サイト上で左ひざの不快感を訴えていたケディラ選手のクリーニング手術が無事完了したと発表いたしました。なお、離脱期間は3ヶ月が見込まれているとのことです。

画像:3ヶ月の離脱が発表されてケディラ
PR

 

 左ひざの不快感で12月1日に行われたサッスオーロ戦の招集メンバーから外れたケディラ選手は昨日クラブから発表されたとおりに現地12月4日(水)にドイツ・アウクスブルクでボーニッシュ医師が執刀した関節鏡クリーニング手術を受けたとのこと。

 手術は無事に終了し、すぐにリハビリに取り掛かれることが発表されています。

 ただ、予想外なのは「3ヶ月の離脱が見込まれる」と公式に言及されていることでしょう。「1ヶ月程度」と楽観視されていましたので、思わぬ痛手になることが確定的になってしまったからです。

 

 ケディラ選手が3ヶ月の離脱となりますと、2020年2月までは起用を計算できません。チャンピオンズリーグのラウンド16はファーストレグが2月中に行われるため、「ケディラ選手を登録するのか」についての一悶着が起きる可能性はあります。

 不満分子が発生するかは冬の移籍市場が開く来年1月をどのような状況で迎えるか次第でしょう。まずは2019年の残り試合をどのような内容で締めくくるのかに注目です。