NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

プリマベーラ:シーズンの締めくくりにトロフェオ・ドッセーナへの参戦が決定

 ユベントスは公式サイト上でプリマベーラがイタリア・ロンバルディア州で行われるトロフェオ・“アンジェロ・ドッセーナ” に参加したことを発表しました。

画像:トロフェオ・ドッセーナ
PR

 

 トロフェオ・ドッセーナ(Trofeo Dossena)はユース大会の1つで8チームが2つのグループに分かれて戦い、上位2チームが決勝トーナメントに進出する体系です。

 2016年大会は以下のとおりグループ分けが行われました。

表1:トロフェオ・ドッセーナ2016のグループ分け
グループAグループB
 アタランタ
 インテル
 ユベントス
 レガ・プロ選抜
 クレモネーゼ
 ミラン
 トリノ
 バレンシア(ESP)

 ユベントスはグループAに入ったのですが、この大会は日程が非常にタイトなことが特徴と言えるでしょう。次の日程で行われることが発表されているからです。

 

  • 6月7日:グループ第1節(アタランタ戦)
  • 6月8日:グループ第2節(レガ・プロ選抜戦)
  • 6月9日:グループ第3節(インテル戦)
  • 6月11日:準決勝
  • 6月12日:決勝

 1週間で最大5試合を行うという非常にハードスケジュールとなっており、アタランタ戦は既に終了しています。なお、その試合はユベントスが 2-1 で勝利しました。

 ユベントス・プリマベーラの今大会の目標としては「クレマのスタディオ・ボルティーニで行われる決勝トーナメントに進出し、バレンシアと対戦する」ということになるでしょう。

 イタリア国外のユースチームと対戦する機会はあまりないため、サッカースタイルの違いを体感できる絶好の機会になると思われるからです。

 

 プリマベーラから巣立つ選手もいると思われますので、来季のことを含め、有望株としてチームに加わった選手やカンピオナート・プリマベーラのファイナルで出場機会に恵まれなかった選手にチャンスが与えられる大会として位置付けることになるものと思われます。