NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【前日会見】 2016/17 UEFA CL決勝 ユベントス対レアル・マドリード

 チャンピオンズリーグ決勝を控え、アッレグリ監督、ブッフォン選手、ダニ・アウベス選手が出席した前日会見が行われましたので概要を紹介いたします。

画像:前日会見に出席したアッレグリ監督
PR

 

マッシミリアーノ・アッレグリ監督:
「この試合のために1年間働いてきました。レアルと対戦する明日の試合は簡単ではないでしょう。前回王者との試合は熱いものになるはずです。

 明日の試合に勝つ必要があります。私達は攻めなければならない時、守らなければならない時を理解しなければなりません。カップを持ち帰るという信念が不可欠と言えるでしょう。

 ベイルは決定力とスピードをもたらし、イスコは予想外のプレーとピッチの様々な場所に姿を見せます。彼らがチャンスを得た際に、それを打ち消す働きをしなければなりません。

 レアルがユベントス戦での得点を継続していることについて?明日は得点できないかもしれません。ですが、数字のカウントは意味のないことです。私達にはレアル・マドリード以上の欲求と自己犠牲が求められているのです。

 三冠は考えていません。私は1日1日を過ごしているからです。私達はコッパ・イタリアを勝ち取り、リーグ戦にも勝ちました。明日は別の試合があるという認識です。

 イグアインはモナコ戦で重要な働きを見せています。ビッグマッチになると確信していますよ。ディバラは大きく成長しましたし、特別な試合も経験しています。プレッシャーに押しつぶされることはないでしょう。

 マンジュキッチは重要な存在で、彼はすでにトロフィーを勝ち取った経験を持っています。良い選手層があったことで私達は適切な場所・時期に成長することができました。勝てるという信念を持っていますが、敬意と人間性はユベントスの持つ特性なのです。

 アレックス・サンドロは素晴らしい選手で守備面とボール保持で大きな成長を遂げました。マルセロとともに世界最高の選手だと思います。

 2015年の私達は決勝の舞台に立ちましたが、無欲の結果でした。今年は違います。なぜなら、試合のアプローチ方法が全く異なっているからです。ユーヴェは大きく成長しています」

 

ジャンルイジ・ブッフォン選手:
「2年前の決勝と同じです。偉大なファイナル、適度な緊張、対戦相手への敬意、自分たちが何者であるかといった感情を引き起こしています。

 ダニ・アウベスがチャンピオンになるための手助けをしてくれることでしょう。彼は単なる選手ではありません。それだけ重要な存在なのです。信頼がありますし、人間的にも謙虚な人物です。

 チームとともにプレーしていますし、勝てるという感触も持っています。運命を満たすことはあり得ると思います。

 フットボールでは退屈より悪いものはありません。バロンドールについて考える時にメッシやクリスティアーノ・ロナウドを外すことはできないでしょう。私が受賞対象としてサポートされるのは39歳という年齢が加味されてのことでしょう。

 私は自分がしてきたことを受け取りましたし、受賞となれば完璧なフィナーレを迎えることになります。世間は興奮するおとぎ話を好みますからね」

 

ダニエウ・アウベス選手:
「ファイナルに戻ってきたことに特別な感情はありません。生きていることが特別な瞬間ですからね。ここにいる機会を得たことはハッピーなことです。勝つためにここにいるのですから。

 ブッフォンにとっても、私にとっても良いギフトになるはずです。成功するためにすべてを賭けて挑戦しなければなりません。

 明日の試合に勝ったとしても、自分が三冠を達成した選手とは思わないでしょう。私達の目標はそれよりも大きいからです。自分のことだけを考えている人間ではありませんし、周囲の人々が良好なら、私も気分が良いのです。

 チームをカウントし、チームメイトのレベルをカウントする。彼らは常に良くなっているのです。これは人生のチャレンジであり、ユーヴェに来てチャレンジを行い、偉大なプロフェッショナルたちのチームに加わったのです。

 悪夢について考える必要はありません。ピッチ上で結果を出し、ホームに持ち帰る必要があります。勝つためにプレーしなければなりませんし、ファンとともに祝福しなければならないのです。

 私達は対戦相手の物語に敬意を払っていますが、恐れはありません」

広告を非表示にする