NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【試合後コメント】 2015/16 セリエA第6節 ナポリ対ユベントス

 大方の予想どおり、ナポリ戦に敗れたユベントスですが、試合後の監督・選手のコメントは次のようなものでした。

画像:ガゼッタ紙の一面
PR

 

マッシミリアーノ・アッレグリ監督:
「タイトな姿勢とナポリの強烈なカウンター攻撃が示された試合でした。そして、守備で大きなミスを犯し、失点はどちらもそれに起因するものでした。

 最初の25分は良い面を見せ、試合をうまくコントロールしているように見えましたが、インシーニェとイグアインのちょっとしたプレーから試合は突然変わってしまったのです。ナポリは非常に組織されたチームでミスを犯していますと、それを得点に変えるだけの力を持っているのです。

 ですが、それがフットボールなのです。数日前はコーナーから失点を喫し、今夜はマズいパスミスで2失点しました。我々はあまり走れていませんでしたが、それについて深入りするつもりはありません。

 今、我々にとって重要なことは仕事に戻り、フットボールの試合に勝ち始めることです。

 どの位置でフィニッシュするか?トップ3やトップ4に位置していませんし、タイトルに挑戦できるかも分かりません。そうなるかは自分たち次第であり、いるべきポジションに戻らなければなりません」

 

パトリス・エヴラ選手:
「すべての責任を負わなければなりません。若手選手たちは言い訳を使うことはできませんし、ベテラン選手は彼らを手助けする役割があるからです。

 私達にとって難しい瞬間ですし、傷ついてもいます。ですが、私達はパニックになっていませんし、私は楽観的な見方を維持しています。

 これからチャンピオンズリーグボローニャ戦を迎えます。私達はホームで勝ちたいのです」

広告を非表示にする