NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【招集メンバー】2015/16 セリエA第14節 パレルモ対ユベントス

 ユベントスは公式サイト上でセリエA第14節パレルモ戦に向けて招集した選手を発表しました。

画像:連勝を続けたいユベントス

 招集された20選手の一覧は次のとおりです。

PR

 

表1:招集メンバー(15/16 セリエA第14節 パレルモ戦)
 選手名
GK 1: ブッフォン、25: ネト、34: ルビーニョ
DF 3: キエッリーニ、12: アレックス・サンドロ、15: バルザーリ、19: ボヌッチ、24: ルガーニ、26: リヒトシュタイナー、33: エヴラ
MF 8: マルキージオ、10: ポグバ、16: クアドラード、20: パドイン、27: ストゥラーロ、40: ヴィターレ
FW 7: ザザ、9: モラタ、17: マンジュキッチ、21: ディバラ

 パレルモ戦で先発起用されるのではないかと見られていたマリオ・レミナ選手ですが、膝蓋腱(しつがいけん)の炎症により招集メンバーからは外れることとなりました。

 この膝蓋腱の炎症ですが、シャルケでプレーする内田篤人選手が最終的に手術することになった怪我です。安静にして炎症が収まるのを待つ保存療法か、手術に踏み切るかのどちらかが主な治療法となります。怪我の程度によって選択されるため、まずはレミナ選手の状態を見極めることが先決と言えるでしょう。

 

【先発予想:3-5-2】
  GK: ブッフォン
  DF: バルザーリボヌッチ、ルガーニ(キエッリーニ
  WB: クアドラード、エヴラ(アレックス・サンドロ)
  MF: ストゥラーロ、マルキージオ、ポグバ
  FW: ディバラ、モラタ(マンジュキッチ

 3-5-2 でサイドからの攻撃が機能していることを考えると、先発メンバーは水曜日のシティ戦から大きく変える必要はありません。

 ただ、12月8日のセビージャ戦でルガーニ選手に経験を積ませる考えを持っているなら、このパレルモ戦で先発起用し、試合での連携を磨いておく方が望ましいと言えるでしょう。

 早い時間帯にリードを奪う、もしくは試合を決定付け、手堅く時計を進めることができるかが評価されるアウェー戦になると言えるのではないでしょうか。

広告を非表示にする