NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

ユベントス、チャンピオンズリーグ決勝ラウンドにむけた登録選手を発表

 ユベントスは2月23日から再開される UEFA チャンピオンズリーグ決勝ラウンドに向けた登録選手23名を発表しました。

画像:決勝ラウンド・ドルトムント戦の様子

 登録メンバーは下表のとおりです。

PR

 

表1:登録メンバー(2015/16 UEFA CL 決勝ラウンド)
 選手名
GK 1: ブッフォン、25: ネト、38: アウデーロ
DF 3: キエッリーニ、4: カセレス、12: アレックス・サンドロ、15: バルザーリ、19: ボヌッチ、24: ルガーニ、26: リヒトシュタイナー、33: エヴラ
MF 6: ケディラ、8: マルキージオ、10: ポグバ、11: エルナネス、22: アサモア、27: ストゥラーロ、37: ペレイラ
FW 7: ザザ、9: モラタ、16: クアドラード、17: マンジュキッチ、21: ディバラ

 ユベントスは冬の移籍市場で戦力の入れ替わりはありませんでしたので、グループステージの登録メンバーとほぼ同じ顔ぶれとなっています。

 唯一の変更点はひざの負傷で離脱していたマリオ・レミナ選手がクワンドォ・アサモア選手と入れ替わたことです。

 アサモア選手は筋肉系のトラブルで離脱中ですが、バイエルン戦には問題ないと判断されたためでしょう。一方のレミナ選手は復帰こそしましたが、フル稼働を見込める時期が読めないため、登録枠の関係から見送られたものと思われます。

 

 基本的な戦術が 3-5-2 から変わる可能性は低く、ボール回し時におけるパススピードの強弱やポジショニングといった細部をどれだけ詰められるが試合の内容に大きく左右することが予想されます。

 新たな怪我人の発生を減らし、良いコンディションを保ち、試合を迎えることが要求されていると言えるでしょう。