NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【試合後コメント】 2023/24 コッパ・イタリア決勝 アタランタ対ユベントス

 ローマのスタディオ・オリンピコで行われた 2023/24 コッパ・イタリア決勝のアタランタ戦に 0-1 で勝利したユベントスのアッレグリ監督および選手による試合後コメントを紹介いたします。

PR

 

マッシミリアーノ・アッレグリ監督:
「ジュントリ?試合終了後はチームとともにゴール裏で祝っていました。クラブや関係者を尊敬しています。重要なシーズンを過ごした選手達とお祝いをしたかっただけです。

 このトロフィーを望んでいた選手達の功績です。試合前に勝てるかも知れない。パフォーマンスに非常に満足していると告げました。

 インテル戦に敗れて以降はボールが重たく、難しい3ヶ月を過ごしました。私達はやるべきことを完遂しました。チャンピオンズリーグ出場権を獲得し、コッパ・イタリアを制したのです。チームの勝利です。

 ユベントスは批判され続けましたが、この数ヶ月の経験は選手達が将来成長するための助けになるでしょう。

 ニコルッシ?知的な選手です。彼をもっと活用できたかも知れません。求められた時に存在感を発揮していました。

 私の将来?クラブが正しい決断を下すでしょう。私にとっては今夜の決勝戦をプレーすることが重要でしたし、本当に楽しみました」

 

ダニーロ選手:
「困難は数多くの教訓を与えてくれます。私達は浮き沈みを経験しましたが、ユベントス・ミュージアムにトロフィーを持ち帰るスキルに満足感を覚えています。

 私達は勇気を持って前進し、この勝利を成し遂げました。

 細部に注意を払わなければならなかったですし、注意力と狡猾さは正しいものでした。これらが私達にコッパ・イタリアをもたらしてくれたのです」

 

ドゥシャン・ヴラホヴィッチ選手:
「皆に感謝します。私達は過ごして来た1年を知っていますし、経験した困難を知っているからです。しかし、最後に私達は年度始めに設定した2つの目標を達成しました。

 チャンピオンズリーグ出場とコッパ・イタリアです。

 来シーズンはより多くのトロフィーを獲得することを既に考えています。私達はユベントスですし、これがチームの DNA だからです」

 




 

 出場停止の選手が明暗を分けた試合だと言えるでしょう。アタランタは CF のスカマッカ選手が出場停止。デ・ケテラーレ選手が代役を務めるもブレメル選手のマークに潰され、楔を打ち込むことに苦労しました。

 それならばと「DF と MF のライン間での “間受け” 」に活路を見出そうとしたものの、受け手の1人であるコープマイネルス選手のプレー波長が(出場停止のロカテッリ選手の代役である)ニコルッシ選手と合ってしまって攻撃に変化を加えられず。

 試合序盤に決まった流れるようなパスワークからの先制点が重くのしかかる展開となりました。

 最後はサイド攻撃に賭けるアタランタを『ゴール前に人数を集める人海戦術』で守り切る苦しい戦いになりましたが、タイトルが懸かった決勝戦での後半アディショナルタイムではお馴染みの光景であり、結果を持ち帰ったことが何よりも評価されるべきでしょう。

 

 ユベントスの 2023/24 シーズンは現地5月15日を以って実質的に終了。16日以降は来季を見据えた動きが本格化するはずです。その状況でどのような動きが起きるのかに注目です。