NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【前日会見】 2022/23 コッパ・イタリア準々決勝 ユベントス対ラツィオ

 2022/23 コッパ・イタリア準々決勝ラツィオ戦を控え、アッレグリ監督による前日会見が行われましたので概要を紹介いたします。

PR

 

マッシミリアーノ・アッレグリ監督:
「選手たちには後悔、怒り、苦味があります。私達はカンピオナートで非常に良い成果を残しているチームとの明日の試合に集中しなければなりません。

 私達は再スタートを切りましたが、異なるリーグであり、少しの試合しか消化していません。明日のことはまだ決まっていませんし、先発メンバーは明日の朝に決める予定です。

 ボヌッチに加えてポグバも不在です。ポグバは屈筋の問題を抱えています。不運なことですが長期間離脱していたこともあり、強度を上げると痛みを覚えるのです。

 

 モンツァ戦ではチーム全体が悪いパフォーマンスでした。盛り返した後半は数多くの枠内シュートを放っています。試合では特に勝つことが重要です。酷い前半をプレーし、失点を喫してしまったからです。

 パレデスは良い試合とそうではない試合を交互に繰り返しています。彼は多くの試合でプレーをしました。ロカテッリが欠場したのですから、他の選手と同様に手を差し伸べてくれないと困ります。

 ヴラホヴィッチは先発出場が期待されています。キエーザ?ヴラホヴィッチ以外の選手で誰が先発するのかを決めるのは会見後です。

 

 ユーヴェは良い移籍市場をしたと思います。マッケニーは退団を望んだからです。4倍の規模があるイングランド勢と競い合うことはできません。

 カンピオナートの後で重要な試合です。アタランタ戦の後は落ち込みがあったのかも知れません。

 クラブは勝点15を取り戻そうとしています。リーグ戦の最中に勝点15が剥奪されたのは初めてのことだと思います。私達は自分たちのカンピオナートを1つずつ取り戻して行かなければならないのです。

 

 クアドラードは良い状態にあります。衝撃を受けた後は再調整の時間を必要としますし、それを素早く行う必要があります。前方にいるチームに1つずつ追い付かなければなりません。

 4月以降にユベントスで45分しかプレーしていないポグバの貢献に期待しています。彼のひざの状態が安定するまでは目視などでのナビは必要になるでしょう」