NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【招集メンバー】 2021/22 セリエA第11節 ベローナ対ユベントス

 ユベントスは公式サイト上で 2021/22 セリエA第11節ベローナ戦に向けた招集メンバー21選手を発表いたしました。

画像:コンティナッサの練習場で調整する選手たち

 招集された選手一覧は下表のとおりです。

PR

 

表1:招集メンバー(2021/22 セリエA第11節 ベローナ戦)
  選手名
GK 1: シュチェスニー、23: ピンソーリョ、36: ペリン
DF 3: キエッリーニ、4: デ・リフト、6: ダニーロ、11: クアドラード、12: アレックス・サンドロ、17: ペッレグリーニ、19: ボヌッチ、24: ルガーニ
MF 5: アルトゥール、14: マッケニー、20: ベルナルデスキ、25: ラビオ、27: ロカテッリ、30: ベンタンクール、44: クルゼフスキ
FW 9: モラタ、10: ディバラ、21: カイオ・ジョルジ

 右肩の捻挫で離脱していたベルナルデスキ選手がメンバーに復帰。一方で左ハムストリングを痛めたデ・シリオ選手に加え、キエーザ選手とラムジー選手が招集外となりました。

 キエーザ選手とラムジー選手がメンバー外となったことに対するクラブ(やアッレグリ監督の前日会見で)の言及はありません。

 

【先発予想: 4-4-2】
  GK: シュチェスニー
  DF: ダニーロ、デ・リフト、キエッリーニ、A・サンドロ
  MF: クアドラード、ベンタンクール、アルトゥール、ラビオ
  FW: ディバラ、モラタ

 アッレグリ監督は 4-4-2 を選択するでしょう。変更が予想されるのは CB 陣と中盤のボランチで、それ以外のポジションは(負傷者の関係で)手を加えれれる可能性は低いと予想されます。

 

 対するベローナのトゥドル監督は 3-4-2-1 が有力です。昨シーズンまで率いたユリッチ監督のチームを彷彿させるプレーを復活させており、難敵に昇華させた指揮官だと言えるでしょう。

 攻撃を牽引するのはジョバンニ・シメオネ選手。トゥドル監督就任後のセリエAで6得点3アシストと先発した試合では結果を残しており、シメオネ選手に仕事をさせないことができるかが勝敗の分かれ目となります。

 ユベントスの守備としては「左 WB のラゾビッチ選手にボールが入った際にどうするか」がポイントです。

 ベローゾ選手などボランチからシメオネ選手や2列目の選手への縦パスのコースを切る守り方をすると、4バックでは左 WB のラゾビッチ選手までは見れないからです。ラゾビッチ選手は攻撃にアクセントを付けられるため、攻撃参加を制限することが必要となるでしょう。

 一方の攻撃陣は「相手 DF とのデュエルで優勢となる選手がいるか」に集約されます。

 カットインの形で仕掛けられると中央にスペースができるため得点の可能性は高くなります。縦に突破してのクロスだと相手 DF 陣に弾き返されてしまうと予想されるからです。

 

 前節サッスオーロ戦で失態を演じてしまったため、ベローナ戦は勝たなければならない試合となりました。準備の費やせる時間が限られる状況下でアッレグリ監督がどのように帳尻を合わせるのかに注目です。