NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【招集メンバー】 2020/21 セリエA第5節 ユベントス対エラス・ベローナ

 ユベントスは公式サイト上で 2020/21 セリエA第5節エラス・ベローナ戦に向けた招集メンバー21選手を発表いたしました。

画像:アリアンツ・スタジアム

 招集された選手一覧は下表のとおりです。

PR

 

表1:招集メンバー(2020/21 セリエA第5節 ベローナ戦)
  選手名
GK 1: シュチェスニー、31: ピンソーリョ、77: ブッフォン
DF 13: ダニーロ、16: クアドラード、19: ボヌッチ、28: デミラル、38: フラボッタ
MF 5: アルトゥール、8: ラムジー、14: マッケニー、25: ラビオ、30: ベンタンクール、33: ベルナルデスキ、39: ポルタノーバ、44: クルゼフスキ、51: ペーテルス
FW 9: モラタ、10: ディバラ、40: ヴリオーニ、50: ラフィア

 ディナモ・キエフ戦で途中交代をしたキエッリーニ選手と今節は出場停止のキエーザ選手が招集外。代わりに新型コロナの陰性が確認されたマッケニー選手がメンバーに復帰しました。

 

【先発予想:4-2-3-1】
  GK: シュチェスニー
  DF: クアドラード、デミラル、ボヌッチ、ダニーロ
  DMF: ベンタンクール(ラビオ)、アルトゥール
  MF: クルゼフスキ、ディバラ、ベルナルデスキ(フラボッタ)
  FW: モラタ

 ピルロ監督は 4-2-3-1 を選択するでしょう。フラボッタ選手を起用する場合は 3-4-1-2 になると予想されますが、ターンオーバーは来週末に行われる可能性が高いと考えられます。

 

 対するベローナのユリッチ監督は 3-4-2-1 が予想されます。方向性は昨シーズンに確立済みであり、今シーズンも同じ系統のチームと言えるでしょう。

 攻撃は1トップに入る選手がポストプレー役として潰れ、トップ下やウィングバックに展開してサイド攻撃を仕留める形が基本です。そのため、ユベントスは「ボールの奪い所を意志統一できるか」が鍵になります。

 昨季の対戦では「ロングボールでの競り合い」が劣勢でそこから守備が瓦解しました。同じ失敗を繰り返さないための準備がどれだけできているかが主導権を握る上で重要になることは明らかです。

 一方で攻撃陣は「ベローナの守備ブロックをどう突破するか」が注目点です。ゴール前のスペースは消されやすいですし、それを徹底されたことで攻めあぐねたからです。モラタ選手が好調で結果を残しているだけに決定力を活かす機会を作る頻度が勝敗の分かれ目になるはずです。

 

 来週のミッドウィークにはチャンピオンズリーグ・バルセロナ戦が控えていますし、セリエAでは前節クロトーネ戦で勝点を取りこぼしたためベローナ戦では勝利が必要です。ピルロ監督がどのような準備をして試合を迎えるのかに注目です。