NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

公式発表:ユベントス、クアドラードの買取オプションを行使

 ユベントスは公式サイト上でチェルシーからローン移籍中のクアドラード選手の買取オプションを行使し、2020年までの契約を締結したと発表いたしました。

画像:2020年までの契約を締結したクアドラード
PR

 


選手ファン・クアドラードの購入

 

 トリノ、2017年5月22日 ー ユベントス・フットボールクラブは選手ファン・ギジェルモ・クアドラード・ベッロの選手登録権をチェルシー・フットボールクラブから購入する権利を行使したことを報告いたします。

 契約内容に基づき、2017/18 シーズンから2000万ユーロが3年分割で支払われることとなります。

 ユベントスは選手と2020年6月30日までの契約を締結いたしました。


 

 クアドラード選手の獲得に対して支払われる移籍金ですが、3年ローンで獲得した昨夏の時点で「総額2500万ユーロ+ボーナス400万ユーロ」と発表されています。

 買取オプションをユベントスが行使したことにより、チェルシー側に支払われる金額は次のように変化しました。

表1:クアドラード選手獲得による移籍金
  2016年 2017年 2018年 2019年
2016/17
開幕時
€ 5m € 5m € 5m
※ 買取総額2500万ユーロ
+ボーナス400万ユーロ
2017/18
以降
€ 6.6m € 6.6m € 6.6m
+ボーナス400万ユーロ

 「スクデット獲得がクアドラードの買取オプションを行使する義務になっている」との報道も一部でありましたが、結果的に同じ結末を迎えたと言えるでしょう。

 最大で2900万ユーロの移籍金となりますので、今季クアドラード選手が見せた働きは十分に見合ったものと言えるはずです。2020年までの契約を締結したことは自然な流れだと思われます。

 

 クアドラード選手が来季以降もチームの攻撃にアクセントを加える働きを継続することができるのか。パフォーマンスに注目です。

広告を非表示にする