NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

ルガーニ、右足・腓骨頭の亀裂骨折で数週間の離脱見込み

 ユベントスは公式サイト上でアタランタ戦を招集メンバー外となったルガーニ選手の診断結果を発表いたしました。腓骨頭(ひこつとう)に亀裂骨折が確認されたとのことです。

画像:負傷離脱が発表されたルガーニ
PR

 

 CB のルガーニ選手ですが、セリエA第34節アタランタ戦の前日にトレーニングで負傷し、アッレグリ監督が招集メンバー外になることを会見で発表していました。

 現地4月30日付でユベントスが発表した内容は「ルガーニ選手の右足・腓骨頭(ひこつとう)に亀裂骨折が確認され、今後数週間に渡って状態を観察される」とのことです。5月中旬まで過密日程が組まれており、このタイミングでの離脱はチームにとって痛手と言えるでしょう。

 

 腓骨頭(ひこつとう)は腓骨上部の呼び名で、ひざで脛骨(けいこつ)と接触している部分になります。「完全には骨折していない」との診断が下されていますが、復帰は早くて5月下旬になると思われます。

 具体的な復帰目標は5月21日に開催予定の今季ホーム最終戦となるセリエA第37節クロトーネ戦です。

 このタイミングでメンバー入りできる状態にまで回復しているかが最大の注目点です。仮に回復が遅れるようだと、このままシーズン終了ということも十分考えらえることだと言えるはずです。

 

 しかし、今季はチャンピオンズリーグでファイナルに進出すれば、最終戦は6月3日となります。ルガーニ選手が最後の大一番でプレーできる状態に回復しているかに注目です。

広告を非表示にする