読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

リヒトシュタイナー:「モナコは恐れ知らずの危険なチームだが、成熟したユーヴェが勝ち抜けると信じている」

 右サイドで存在感を発揮しているリヒトシュタイナー選手が『スカイ・イタリア』と『メディアセット』からのインタビューに応じたと公式サイトで紹介されています。

画像:インタビューに応じたリヒトシュタイナー
PR

 

ステファン・リヒトシュタイナー選手:
「モナコはタフな相手であり、下に見ることはありません。なぜなら、私達はどれだけ危険な相手であるかを分かっているからです。

 彼らの試合をよく見ている訳ではないですが、どういったチームであるかは知っています。2年前の対戦経験があり、当時と同じ監督に率いられ、彼らは良いフットボールをしています。非常に速い FW がおり、強力な攻撃陣を擁するチームと言えるでしょう。

 彼らは失うものはありませんし、プレッシャーはすべて私達の肩にのしかかります。弱点としては若いチームであり、経験不足ということになるでしょう。

 

 私達が上手くプレーすることができれば、カップを勝ち取れると思います。なぜなら、2年前にファイナルへと駒を進めているからです。

 このユベントスが当時より強いかは分かりません。ピルロ、ビダル、ポグバ、マルキージオで中盤が構成され、FW も強力でした。FW は今でも非常に強力ですし、守備陣はほぼ同じと言えるでしょう。

 ですが、確実に異なるチームです。私達はベルリンでのファイナルの経験がありますし、去年はバイエルンにチャレンジしました。バルセロナを退けることにも成功しまいます。

 メンタルの観点では成長を遂げていますし、私達は勝つことができると信じています。

 

 ピッチ上でそのことを示さなければなりません。私達は準決勝に進出していますが、まだ何も勝ち取っていないからです。私達はそのことをよく理解していますし、試合はまだ行われていないのです。

 この数年、私達は様々なシステムでプレーしていますが、4-2-3-1 でプレーする時が良いパフォーマンスを示すことができています。私はこのシステムが私達にとってのベストだと思います。

 

 ジェノアとの対戦では常に困難を強いられています。簡単に勝利した試合などなかったでしょう。

 もちろん、前回対戦のように25分で3点を許すなど私がユーヴェに加わってからの過去6年で決して起こらなかったことです。

 私達はシーズン終盤を戦っており、ポイントを落とすことはできません。ティフォージからの後押しを必要としていますし、それに応じる準備はできています」