NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【試合後コメント】 2016/17 UEFA CL QF-2 バルセロナ対ユベントス

 バルセロナとの UEFA チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグを 0-0 で終えたユベントスの監督・選手による試合後コメントを紹介いたします。

画像:ガゼッタ・デッロ・スポルトの一面(2017年4月20日付)
PR

 

マッシミリアーノ・アッレグリ監督:
「選手たちが今シーズン行ってきたことを称賛しなければなりません。勝ち抜けましたし、トップレベルのチームを相手に証明したからです。

 上手く守ったと思います。攻撃は十分ではなかったですが、これはカウンターを活かし切れなかったからです。大きなプレッシャーはありましたが、カーディフに向けた決定的な1歩となりました。

 バルセロナが2試合ともノーゴールということはほとんどなかったでしょう。選手たちはまだ改善の余地が残されていることを知る必要がありますし、私達はまだゆっくりと成長しているのです。

 先走ってはいけませんが、情熱を感じることは正しいことです。明日からはセリエAに集中する必要があります。選手たちは責務とプロフェッショナルを持っており、それに言及する必要がないことが1番好きなことです。

 プレー内容については冷静さと鋭さを持つべきでした。相手を広げたかったのですが、簡単なことではありません。ボールを素早く動かしていましたし、その中で勝ち抜けを決められたことは大きいことです。選手たちのプレーには満足していますが、現状維持が目標ではありません。改善を目指しているのです。

 クラブは非常に上手く働いています。異なる特長を持つ選手を加えていますし、私の仕事は彼らを適材適所に配置することなのです」

 

ファン・クアドラード選手:
「私達はバルセロナのような素晴らしい一面があることに気づきましたが、ハングリーさと自己犠牲の精神を呼び起こしました。私達は勝ち抜けに値したと思います。

 トレーニングでテストしたことはすべて行いました。カウンターで結果を出せなかったことは残念に思います。ですが、重要なことは突破したことです。準決勝の相手?神が決めたのであれば、どのチームでも最高ですよ」

 

パウロ・ディバラ選手:
「偉大なチームであるバルセロナを相手にこの成績を残すことができて満足しています。PSG 戦を含め、これまでの試合を考慮するとソリッドさが必要であることは分かっていました。バルセロナを相手に2試合クリーンシートを達成することは簡単なことではありません。

 “新しい” スパイクはファーストレグで2ゴールという幸運をもたらしてくれました。ですから、チャンピオンズリーグでは続けようと思っています。メッシ?他の選手と同じように挨拶しただけですよ」

広告を非表示にする