NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【前日会見】 2016/17 UEFA CL QF-2 バルセロナ対ユベントス

 バルセロナとの UEFA チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグを控え、アッレグリ監督とダニ・アウベス選手が前日会見を行いましたので概要を紹介いたします。

画像:バルセロナ戦の前日会見に出席したアッレグリ監督
PR

 

マッシミリアーノ・アッレグリ監督:
「完璧な試合をすることが突破へとつながるでしょう。明確さと冷静さを持たなければなりません。それから得点をあげる必要があります。バルセロナの守備の弱点を狙わなければならないのです。ファーストレグのことは忘れ、95分間良いプレーをすることが求められるのです。

 コンテから継承されたチームとは異なる特性を持っています。異なるクオリティーを持った MF と異なるキャラクターを持った FW がいるからです。

 エンリケの発言が預言者のものではないことを望んでいます。バルセロナに大きな敬意を払っている。私が言えるのはそれだけです。私達は攻守に良いプレーをしなければなりません。MSN は強力ですが、私の選手たちは何をしなければならないかを理解しているはずです。

 幸いにも、選手たちは全員良好です。少し入れ替えるか、全く入れ替えないかです。戦術面での何らかの変更はあるでしょう。

 成長度を計る重要なテストです。ユーヴェは常に準々決勝に進出し、欧州ベスト8でなければなりません。これがスタンダードとなるべきです。明日はファイナルに到達するためのステージとなるでしょう。道のりは長く、冷静さとバランスが必要です。1歩ずつ歩みを進めていなかなければなりません。

 勝つことは普通ではなく、特別なことなのです。特にチャンピオンズの舞台ではそうです。ミスを取り返すことは並大抵ではないからです。PSG の試合を教訓にユーヴェが正しい試合をバルセロナ相手に見せると私は思っています」

 

ダニエウ・アウベス選手:
「カンプ・ノウとは愛し、愛されの関係です。繰り返しになりますが、私はここで幸せです。私の家であり、カタルーニャ人なのですから。

 世界最高のチームであるバルセロナを敗退させたのであれば、大きな成果となるでしょう。ユーヴェは相手から学習しますし、明日の試合でどうするべきかを知っています。私達は力を団結し、経験を持ち、夢であるチャンピオンズリーグを制するため、ここに来ているのです。

 バルサが突破する可能性?ゼロとは言えませんね。多く見積もって 40% でしょう。カンプ・ノウでの試合はタフになります。私は特別な夜に偉大なフットボールをできる準備はできています。

 バルサでの経験は美しいものでした。復帰?クラブは多くのことを是正しなければなりません。そうしたことは起きないと思いますよ」

広告を非表示にする