読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

キエッリーニ:「カンプノウでは偉大なパフォーマンスを再現する必要がある」

 キエッリーニ選手が『スカイ』と『メディアセット』からのインタビューに応じ、バルセロナ戦に向けた意気込みを語ったと公式サイトで取り上げられていましたので、概要を紹介いたします。

画像:インタビューに応じたキエッリーニ
PR

 

ジョルジョ・キエッリーニ選手:
「スクデット争いはまだ閉幕していません。土曜日は確かに重要な1日でした。チャンピオンズリーグの合間で、夏のような暑さであり、危険が多く潜んだ試合だったからです。

 私達は試合を上手くコントロールしましたし、実質的にリスクはゼロでした。堅実性、強さ、ソリッドさを示すことができたと思います。ローマが足踏みしたことも、私達を一息つかせてくれることでしょう。

 

 どの試合でも、良い点と悪い点があります。ペスカーラ戦では前半で試合を決めれたはずです。ですが、監督は満足していると思います。私達がより改善しようとしていることは明らかですし、常に何かを成し遂げようとしているからです。

 私は試合に向けた余念のない監督の姿勢が監督としてのキャリアに付加価値を与えているのだと思います。システムの変更はアレックス・サンドロやディバラが私達にもたらしたことと同じと言えるでしょう。

 フレンツェでの試合の後、アッレグリは私達にヨーロッパを手にすると述べました。良い影響を与えましたし、ピッチ上で試合に勝利するという結果を残しています。

 

 バルセロナとのファーストレグに満足しています。重要な勝利でした。私達は良好ですが、誰もが95分間に渡り、バランスを取らなければなりません。まだ道半ばなのです。再び価値を証明しなければならないのです。

 0-3 で敗けたなら、4-0 で勝てばいい。シンプルなことです。私がルイス・エンリケならそう考えますし、選手たちにモチベーションを与え、逆転に向けた準備をすることでしょう。私達は注意をしなければなりません。

 バルセロナはホームで奇跡を起こしていますし、PSG 戦だけではないのです。4-0 で勝つことができるチームはバルセロナだけと言えるでしょう。ですが、素晴らしいパフォーマンスを示すことができれば、突破することに自信を持つことができるはずです。

 

 無傷で終えることは不可能ですし、他のチームであってもそうです。ゴールを許さないことは非常に難しいでしょう。ですが、カンプノウでもファーストレグと同じようにチャレンジするつもりです。

 得点しなければならないですし、可能ならゴール数で上回りたいと考えています。すべてが私達に依存する訳ではありませんが、多くは私達次第と言えるでしょう。

 バルセロナの3トップは世界最高です。3人ともアメージングですし、異なる特性があり、格別の存在です。もし、彼らを恐れれば、獰猛なサメと化すことでしょう。“血の匂い” を嗅ぎつけることに長けた選手たちなのですから。

 彼らをドアから遠ざけるため、ラインを狭く閉ざす必要があります。また、ボールを上手く動かすことが求められることでしょう。良い準備をすることで、水曜日のビッグマッチも戦えると信じています。

 

 ディバラについては楽観的に捉えています。削られないために状況を上手くコントロールできたと思います。私はすべてが最善に進み、パウロが水曜日のピッチに立ち、そしてファーストレグと同様に違いを生み出してくれることを望んでいます」

広告を非表示にする