読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【前日会見】 2016/17 コッパ・イタリア準決勝 ナポリ対ユベントス

 コッパ・イタリア準決勝のセカンドレグを控え、アッレグリ監督による前日会見が行われました。会見の概要を紹介いたします。

画像:コッパ・イタリア準決勝ナポリ戦に向けた前日会見を行ったアッレグリ監督
PR

 

マッシミリアーノ・アッレグリ監督:
「マンジュキッチは試合に出場できないでしょう。ディバラとクアドラードは回復していますが、トレーニング後に評価しなければなりません。

 私達はコッパ・イタリア決勝に3年連続で進出したいですし、勝ちたいと思っています。試合はオープンな展開になるでしょう。ナポリは困難を生み出す力を持っています。

 日曜日から変更しなければならない点もあります。なぜなら、私達は多くのミスをしましたし、試合を上手く運びことができず、守備に課題があったからです。

 ゴールを得るためのプレーをしなければなりません。ナポリにとって重要な試合となるでしょう。私達にとっても重要な試合です。ナポリのプレースタイルはバルセロナと似ており、チャンピオンズリーグの予行演習と言えるでしょう。

 

 ネトがプレーすることは確実です。フィールドプレーヤーについてはまだ決めていません。なぜなら、3日おきにプレーしなければならない日程だからです。私はシーズン全体を見て、マネージメントしなければなりません。選手たちが良好であれば、私は変更が可能になるのです。

 イグアインは良好です。日曜日にはフィジカル的に良いプレーをしました。動きも良かったです。

 ターンオーバー?6〜7選手を考えていますが、今日のトレーニング次第です。状態の良い選手がプレーすることになるでしょう。

 レミナはナポリ戦で良い持ち味を示しました。誰が機能しなかったということを訪ねることはできませんし、クアドラードのプレーをレミナに求めることはできないのです。

 

 マンジュキッチが欠場すれば、そのポジションを務める選手はいます。アレックス・サンドロ、ストゥラーロ、クアドラードの中から選ばれるでしょう。

 カジェホンは500本もシュートを放つレベルの信じられない選手です。日曜日の試合ではアサモアは上手く抑え込んだと言えるでしょう。

 3バックの採用?それは難しいでしょう。ですが、試合中に必要となればスイッチすることもあります。

 

 大事なことは目標を達成することです。勝つことは簡単ではありません。ヨーロッパでユベントスは尊敬されるチームですし、これが最も大事なことです」

広告を非表示にする