読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【前日会見】 2016/17 セリエA第30節 ナポリ対ユベントス

 ナポリとの大一番を控え、アッレグリ監督による前日会見が行われましたので概要を紹介いたします。

画像:ナポリ戦に向けた前日会見に出席したアッレグリ監督
PR

 

マッシミリアーノ・アッレグリ監督:
「私達にとっても、彼らにとっても重要な試合となるでしょう。ファンタスティックな挑戦になることを望んでいます。ナポリファンで埋まるでしょうが、秩序は保たれると思います。

 マンジュキッチは別メニューで調整を行っていました。ディバラも同じです。今日のトレーニングで最終的な状態を判断する予定です。

 ディバラをリスクにさらしたいとは思いません。ベストではないからです。ナポリ戦は大きなチャレンジですが、決定的なものではありません。この2ヶ月が私達のシーズンを決定づけるのです。

 マンジュキッチ?ひざに炎症を持っています。評価するのはこの後です。

 

 マンジュキッチやディバラが不在でも、4-2-3-1 でプレーすることはできます。クアドラードのように前線でプレーできる選手がいますのでシステムを変える必要はないのです。

 普段通りの遠征ですし、試合後は水曜日のチャレンジに向けた設備がすべて整っているビノーボに戻る予定です。

 イグアインはナポリで3年間プレーし、それからプロフェッショナルとして決断を下しました。ティフォージたちがヒステリーを起こすのは自然なことだと言えるでしょう。

 代表チームから早く戻って来ましたし、良い状態です。ゴンサロは特別なことは言ってません。心理的なことが基本なのです。

 

 3ポイントはリーグ戦の行方にとって重要です。イタリアは論争の中で生活しており、ハイライトの中ではないのです。私達は自分のことを見なければなりませんし、他人のことを見るべきではないのです。

 私の将来?経営陣とその点についての話し合いは行っていません。近いうちにそのための時間を持つことになるでしょう。

 ピアツァには大きな幸運が訪れることを願っています。怪我による不幸が訪れたのですからね」

広告を非表示にする