読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

プリマベーラ:ゼチリのゴールで先制するも、トロント戦をドローで終える

 2017 ヴィアレッジョ・カップのグループリーグ第2節トロント戦を戦ったユベントス・プリマベーラはゼチリ選手のゴールで先制するも、後半に追いつかれ、1-1 の引き分けに終わりました。

画像:トロント戦で先制点を決めたゼチリ

 試合に出場した選手は下表のとおりです。

PR

 

表1:出場選手一覧
(ヴィアレッジョ・カップ、トロント戦)
 選手名
GK 12: マルリッキ
DF 22: センペリーニ(→ 15' st. 16: モラキオーリ)
23: アンデルセン(→ 30' st. 19: マンチーニ)
3: コッコロ (C)
MF 21: メリオ(→ 15' st. 20: バスコ)
5: カヌーテ
14: トゥレ(→ 30' st. 11: マテウス・ペレイラ)
8: ボヴェ(→ 15' st. 2: ンディアエ)
10: モスティ(→ 15' st. 16: ガルタロッサ)
FW 9: ゼチリ
17: レリス(→ 35' st. 6: ロジェリオ)

 中1日で迎えた試合ということもあり、グロッソ監督はシステムを変更。ポゼッションを念頭に置いた 3-4-1-2 を選択し、第1節で結果を残したレリス選手とゼチリ選手の2トップでトロント戦に臨みます。

 

 ユベントスはカヌーテ選手が最終ラインに下がり、4-3-3 でバランスを取る形で試合を進めます。

 先手を取ることに成功したのはユベントス。ゼチリ選手がファーストチャンスを活かし、6分に先制点をあげ、優位な立場を手にします。

 このまま主導権を保ち続けたいユベントスでしたが、徐々にトロントが盛り返し、惜しいチャンスを作り始めます。30分にはマンデキッチ選手のヘディングシュートを枠をかすめ、33分にハンダル選手が放ったシュートはマルリッキ選手がセーブ。

 このまま前半をしのぎ切ったユベントスが1点のリードを持って後半を迎えます。

 後半に入ると、最終節を良い形で迎えたい両チームの思惑が重なり、得点を狙う一進一退の展開が色濃くなります。

 ユベントスは57分にコッコロ選手の放ったシュートがクロスバーを直撃。試合の行方を決定づけることはできず。試合時間が60分を過ぎたことで、両チームの選手交代が活性化する展開となります。

 交代策が的中したのはトロントでした。72分、ウッチェロ選手から完璧なパスが途中出場のダダ=ルーク選手へと渡り、至近距離からのシュートで同点に追いつきます。

 残り時間で勝点3を取るために攻め続けた両チームだったが、互いに守備陣が奮闘し、試合は 1-1 のまま終了。勝点1を分け合うことになりました。

 

 第2節を終えた時点での順位表は次のとおりです。

2017 ヴィアレッジョ・カップ:1組
 チーム名勝点
1 マチェラテーゼ 2 1 1 0 4 5 3
2 ユベントス 2 1 1 0 4 3 2
3 トロント 2 0 2 0 2 4 4
4 D・プラハ 2 0 0 2 0 1 4

 ユベントスは第3節マチェラテーゼ戦を3月18日に行う日程です。引き分け以下だと決勝進出は他会場の結果次第となりますので、最終節は「勝たなければならない試合」と位置付ける必要があると言えるでしょう。

 2試合とも先手を取ることはできています。最終節は「リードを上手く活かして、勝点3を得るための試合運びができるのか」が注目点となるはずです。

 

 主力選手が U-19 や U-17 に招集された中でも結果を出すことができるのか。プリマベーラの奮闘に期待したいと思います。

広告を非表示にする