読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

ユベントスに思わぬ横槍、中国がヴィツェルにメガオファーを提示か?

 ユベントスはゼニトのヴィツェル選手を獲得候補として追いかけていますが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『トゥット・スポルト』などが中国クラブがメガオファーで獲得に乗り出していると報じています。

画像:ヴィツェルの中国行きを報じるコリエレ・デッロ・スポルト
PR

 

 ヴィツェル選手のゼニトとの契約は2017年夏まで。ユベントスは600万ユーロ以上の移籍金を積む気はなく、ゼニトの反応を待っている状態です。

 そこで、ビラス・ボアス監督が率いる上海上港やカンナバーロ監督が率いる天津権健が豊富な資金力で引き抜くのではないかと報じられています。選手には「年俸1800万ユーロの4年契約を提示か?」と噂されており、資金力でユベントスが太刀打ちすることは難しいでしょう。

 マネーゲームで張り合うメリットはユベントスにはないため、ヴィツェル選手が中国行きを決断するなら別のターゲットに切り換える必要があります。

 

 世界最高給を稼ぐテベス選手に触発されてヴィツェル選手も中国行きを決断したとしても不思議ではありません。

 それだけにヴィツェル選手を戦力として計算していたユベントスは痛手を被ることになるでしょう。移籍市場での今後の動きに注目です。

広告を非表示にする