NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

マロッタGM:「ディバラとの契約延長の用意はできている」

 ペスカーラ戦に合わせ、ユベントスのマロッタGMが『メディアセット』からのインタビューに応じ、移籍市場での動きなどについての見解を述べていましたので概要を紹介いたします。

画像:メディアのインタビューに応じたマロッタGM
PR

 

ジュゼッペ・マロッタGM:
「ディバラとは会っていますし、将来のことについて話し合っています。契約延長に値することを証明している選手ですし、新契約によって良いフェーズを迎えることでしょう。

 エルナエスと(ジェノアの)リンコンとのトレード?エルナネスは私達の選手です。メディアが作ったゴシップニュースにすぎません。私達はジェノアといかなる交渉もスタートしていないのですから。

 ターンオーバーをすることもあります。選手たちが年間60試合を戦っていることを覚えておくことが重要ですし、休養を許可しなければならないのです。ネトは私達に信頼性を与えてくれる選手です。

 

 ライオラがモイーズ・ケーンとの契約に介入する恐れ?そうはならないことを望んでいますし、ライオラとは健全で透明性のある関係を構築しています。

 ケーンはプロフェッショナルとなる何年も前から在籍している訳ですし、ユベントスは世界で最も重要なチームの1つです。ユベントスでプレーすることは大きな誇りの源にする必要があり、私には他に上回るクラブがあるとは思えません。

 (年俸などの)経済的な部分は別の問題です。良いエージェントはクライアントに金銭は補完的なものであって、絶対視するものではないことを気づかせなければならないと思いますよ」

広告を非表示にする