NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【招集メンバー】 2016/17 セリエA第10節 ユベントス対サンプドリア

 ユベントスは公式サイト上でセリエA第10節サンプドリア戦に向けた招集メンバー23選手を発表しました。

画像:サンプドリア戦に向けて調整するユベントスの選手たち

 招集された選手一覧は下表のとおりです。

PR

 

表1:招集メンバー(2016/17 セリエA第10節 サンプドリア戦)
 選手名
GK 25: ネト、32: アウデーロ、36: ロリア
DF 3: キエッリーニ、4: ベナティア、12: アレックス・サンドロ、15: バルザーリ、19: ボヌッチ、23: ダニ・アウベス、24: ルガーニ、26: リヒトシュタイナー、33: エヴラ
MF 5: ピアニッチ、6: ケディラ、8: マルキージオ、11: エルナネス、18: レミナ、22: アサモア、27: ストゥラーロ
FW 7: クアドラード、9: イグアイン、17: マンジュキッチ、34: モイーズ・ケーン

 ブッフォン選手に休養が与えられたため、プリマベーラで第2GKを務めるロリア選手がトップチームの第3GKとして招集されました。

 また、昨日のトレーニングから全体練習に合流したキエッリーニ、アサモアの両選手も招集メンバーに名を連ねました。その一方でミラン戦で負傷交代したディバラ選手がメンバー外となっています。

 

【先発予想:3-5-2】
  GK: ネト
  DF: ルガーニ、ボヌッチ、ベナティア(キエッリーニ)
  WB: クアドラード(リヒトシュタイナー)、エヴラ
  MF: レミナ、マルキージオ、ピアニッチ
  FW: イグアイン、マンジュキッチ

 中2日で第11節ナポリ戦が控え、1週間後にリヨン戦があることを考えるとターンオーバーが敢行される可能性は非常に高いと言えるでしょう。

 中盤ではマルキージオ選手をスタメン起用し、ケディラ選手に休養を与えることになると思われます。万が一、マルキージオ選手が試合中にトラブルを訴えたとしても、ストゥラーロ選手を投入し、レミナ選手をアンカーの位置に下げることで対処できますので試合で起用するハードルは低いと言えます。

 

 サンプドリアは前節のダービー戦で勝利した勢いを持ち込もうとすることでしょう。エンポリを昨シーズン率いていたジャンパオロ監督が指揮するチームですから、4-3-1-2 を基本にハイプレス&カウンターを軸にしたゲームプランを準備してくることが予想されます。

 そのため、ビルドアップ時に相手の網に引っかかることを避けるボール回しをできるかがチームには求められることになります。また、相手が引いた際にはセカンドボールを先に回収できる位置に中盤の選手がポジションを取ることができるかも鍵になるでしょう。

 前節での敗けを払拭し、再び勢いを取り戻すためにもユベントスのゲームプランに沿った試合を進め、内容と結果をどのぐらい手にすることができるのかに注目です。