NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【招集メンバー】 2016/17 UEFA CL 第3節 オリンピック・リヨン対ユベントス

 ユベントスは公式サイト上でチャンピオンズリーグ第3節リヨン戦に向けた招集メンバー20選手を発表しました。

画像:リヨン戦に向けて調整するイグアインとディバラ

 招集された選手一覧は以下のとおりです。

PR

 

表1:招集メンバー(2016/17 UEFA CL 第3節リヨン戦)
 選手名
GK 1: ブッフォン、25: ネト、32: アウデーロ
DF 4: ベナティア、12: アレックス・サンドロ、15: バルザーリ、19: ボヌッチ、23: ダニ・アウベス、33: エヴラ、35: セヴェリン
MF 5: ピアニッチ、6: ケディラ、11: エルナネス、14: マッティエッロ、18: レミナ、27: ストゥラーロ
FW 7: クアドラード、9: イグアイン、21: ディバラ、34: モイーズ・ケン

 キエッリーニ選手と戦列に復帰したばかりのマルキージオ選手が遠征メンバーから外れることになりました。

 また、マンジュキッチ選手が右足内転筋に張りを訴えたため、招集外となっています。マンジュキッチ選手の状態は数日中に診断される見通しであると発表されています。そのため、プリマベーラからモイーズ・ケン選手とセヴェリン選手が新たに招集されました。

 

【先発予想:3-5-2】
  GK: ブッフォン
  DF: ベナティア、ボヌッチ、バルザーリ
  WB: ダニ・アウベス、エヴラ(アレックス・サンドロ)
  MF: ケディラ、レミナ(エルナネス)、ピアニッチ
  FW: ディバラ、イグアイン

 ユベントスは 3-5-2 に戻して戦うことになるでしょう。代表戦明けのウディネーゼ戦で主力選手の多くを温存したこともあり、現時点でのベストメンバーが名を連ねるはずです。

 対するリヨンのシステムは 3-5-1-1。ディバラ選手とフランコ・バスケス選手が在籍していた当時のパレルモの戦術を似ていると言えるでしょう。

 ボランチのゴナロン選手が攻守の鍵を握っているチームで、プレスでボールを奪ってから縦に速い攻撃を持ち味としたダイナミックなチームです。相手のプレスを効果的にさせないボールの動かし方とカウンター対策が求められる一戦になると思われます。

 

 新スタジアムがオープンしたリヨンですが、典型的な内弁慶になっています。4勝1敗(11得点4失点)の成績で、敗れたのはリーグ戦4節のボルドー戦のみです。

 “要塞” になりつつあるスタッド・ド・リヨンから勝点を持ち帰ることができるかが注目点です。ビッグイヤーを獲得するには結果を出しておきたい試合です。

 過去の対戦成績はユベントスの2戦2勝。UEFA ヨーロッパリーグ 2013/14 シーズンの準々決勝で対戦した時のものです。相性の良さを発揮できるかにも注目と言えるでしょう。