読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【試合後コメント】 2016/17 プレシーズンマッチ メルボルン・ビクトリー対ユベントス

 メルボルン・ビクトリー戦後にアッレグリ監督とアサモア選手、アレックス・サンドロ選手がコメントを発表していましたので概要を紹介します。

画像:メルボルン・ビクトリー戦でのアッレグリ監督
PR

 

マッシミリアーノ・アッレグリ監督:
「良いトレーニングでした。ピアニッチ、ベナティア、ペレイラは調整中ということもあり、試合からは外しました。次戦では起用が可能となるでしょう。

 メルボルンでのトレーニングには満足しています。今日の試合では前半・後半ともに私達が支配していましたが、もっと上手くできたはずです。ですが、まだテスト期間中なのです。

 得点後に慎重になりすぎましたが、全体を通してみれば、若手選手たちは45分間を上手く戦ったと思います。(得点を決めたブランコ・モレーノは)良いキックを持っていますし、素晴らしい得点でしたよ」

 

アレックス・サンドロ選手:
「ユベントスでの目標はすべてを勝ち取ることです。私達はその目標に向け、ハードワークを行っているのです。フィジカル的にもテクニック的にも向上させる必要があることを私達は理解しています。

 ですから、それらの点において日々のトレーニングに打ち込んでいます。オーストラリアではトレーニング設備や涼しい気候もあり、プレシーズンでの準備という点で私達にとって大きな助けになっています」

 

クワドォー・アサモア選手:
「脚の状態は良好です。私達が多くのトレーニングを積むことができていることをハッピーに思いますし、好感触を持っています。

 EURO に参加していた選手たちはまずは回復を優先することになるでしょう。それから、リーグ戦に向けた調整を私達は行うことになります。上手く行くと思いますよ」

広告を非表示にする