NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

セリエA第30節トリノダービー、主審はニコラ・リッツォーリ

 イタリア審判協会はセリエA第30節を担当する審判団を公式サイト上で発表しました。トリノダービーを担当するのはニコラ・リッツォーリ(Nicola Rizzoli)主審です。

画像:ニコラ・リッツォーリ主審
PR

 

 リッツォーリ主審が今季担当するセリエAの試合はトリノダービーで13試合目となります。

 リッツォーリ氏は第25節ユベントス対ナポリの大一番を担当する予定だったものの、負傷により急遽主審が代わったというエピソードを持つ主審です。今季は第2節ローマ対ユベントスを担当しており、その時以来のユベントス戦となります。

 なお、リッツォーリ主審が『トリノ対ユベントス』のカードを担当するのはキャリア初のこと。『ユベントス対トリノ』であれば、2007/08 と 2013/14 シーズンに担当しており、ユベントスの1勝1分(1得点0失点)の成績が残っています。

 ちなみに、2007/08 シーズンはユベントスもオリンピコを本拠地としていましたので、スタディオ・オリンピコでのトリノ戦という条件であれば、ゴールレスドローという内容です。

 

 トリノダービーを担当する副審はエレニト・ディ・リベラトーレ(Elenito Di Liberatore)氏とマウロ・トノリーニ(Mauro Tonolini)氏。第4審判はアンドレア・パドヴァン(Andrea Padovan)氏。

 追加副審はパウロ・マッツォレーニ(Paolo Mazzoleni)とマッシミリアーノ・イッラーティ(Massimiliano Irrati)氏が担当すると発表されています。

広告を非表示にする