NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

キエッリーニは筋肉への過負荷で10日間の離脱 コッパ準決勝は欠場も、バイエルン戦には出場可

 ユベントスはコッパ・イタリア準決勝セカンドレグに向けたメンバーを発表しましたが、その中で日曜日のリーグ戦で途中交代したキエッリーニ選手の診察結果を公表しました。

画像:ジョルジョ・キエッリーニ選手

 

 発表内容によりますと、ふくろはぎを痛めたキエッリーニ選手でしたが、診察の結果は筋肉に損傷は見られなかったとのこと。筋肉への過剰負荷が原因であり、10日間の離脱する見込みと発表されました。

表1:ユベントスの対戦カード【2016年3月分】
大会名日時対戦カード
Coppa SF.2 3月2日 インテル 対 ユーヴェ
Serie A 28 3月6日 アタランタ 対 ユーヴェ
Serie A 29 3月11日 ユーヴェ 対 サッスオーロ
UEFA CL R.16 3月16日 バイエルン 対 ユーヴェ
Serie A 30 3月20日 トリノ 対 ユーヴェ

 バイエルン戦は3月16日に予定されていますから、キエッリーニ選手が見立て通りに回復しますと大一番には間に合うことを意味します。

 ただ、復帰直後の試合で負傷を2度連続で繰り返していますので、起用には慎重になるべきと言えるでしょう。

 

 実績を考えると、キエッリーニ選手が出場可能な状態でベンチに置く意味はないと思われます。したがって、怪我を再発する可能性があることを想定した上で、ミュンヘンでの大一番に向けた準備を進める必要があります。

 まずは、キエッリーニ選手が順調に回復してもらうことが先決です。それから、大一番に向けた詰めを行うべきと言えるでしょう。