NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【招集メンバー】2015/16 コッパ・イタリア準決勝 2nd Leg インテル対ユベントス

 ユベントスは公式サイト上でコッパ・イタリア準決勝のインテル戦(2nd Leg)に向けた招集メンバーを公表しました。

画像:コッパ・イタリア準決勝(1st Leg)の勝利を報告するユベントスの選手

 招集された21選手は下表のとおりです。

PR

 

表1:招集メンバー(2015/16 コッパ・イタリア準決勝 インテル戦)
 選手名
GK 1: ブッフォン、25: ネト、34: ルビーニョ
DF 12: アレックス・サンドロ、15: バルザーリ、19: ボヌッチ、24: ルガーニ、26: リヒトシュタイナー
MF 6: ケディラ、10: ポグバ、11: エルナネス、16: クアドラード、18: レミナ、20: パドイン、22: アサモア、27: ストゥラーロ、37: ペレイラ
FW 7: ザザ、9: モラタ、21: ディバラ、39: ファビッリ

 負傷中のキエッリーニ選手とマルキージオ選手は招集外となり、マンジュキッチ選手も休養を与える目的で遠征には帯同していません。

 また、アッレグリ監督が前日会見で触れたようにエヴラ選手も家族の問題で招集メンバーからは外れています。

 

【先発予想:4-3-1-2】
  GK: ネト
  DF: パドイン、ルガーニ、ボヌッチ、アレックス・サンドロ
  MF: ストゥラーロ、エルナネス、ポグバ(アサモア)
  OMF: ペレイラ
  FW: ザザ、モラタ

 初戦を 3-0 で終えているため、ベストメンバーを送り出す必要がないことは1つのメリットです。したがって、ある程度のターンオーバーが行われるでしょう。

 最終ラインは負傷者のことを考えると、4バックになることが濃厚です。中盤 MF は3センター制が継続され、最前線はザザ選手とモラタ選手の2トップが確実視されています。

 ペレイラ選手が先発すれば、トップ下を置く 4-3-1-2 がベースとなり、クアドラード選手が先発であれば、4-3-3 でスタートすることになると思われます。

 

 リードを考えると、受身になりすぎないことがポイントです。中途半端な入り方をしてしまうと相手に流れを渡す要因となるだけに、ピッチに立った11選手が自らのタスクを着実にこなせるかが鍵となります。

 サンシーロで1点を取ることができれば、インテルが勝ち抜けるには最低5得点がノルマになります。相手に早い時間で諦めされるためにも、早い時間帯で得点をできるかが見所と言えるでしょう。