NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

プリマベーラ、カルピに勝利し連勝を伸ばす

 トップチームはボローニャとのアウェイ戦に引き分け、リーグ戦の連勝は止まってしまいましたが、プリマベーラは連勝を継続しています。

画像:プリマベーラのキャプテン、ロマーニャ選手のツイート

 カルピのスタディオ・カバッシに乗り込んだユベントス・プリマベーラは 1-2 で勝利し、プリマベーラ・グループAで首位の座をキープしています。試合に出場した選手は次のとおりです。

PR

 

出場選手一覧('15/16 プリマベーラ第19節 カルピ戦)
 選手名
GK アウデーロ
DF リロラ・コソク、ロマーニャ (C)、パロディ('73 ブランコ・モレーノ)、ザッパ('87 コッコロ)
MF マチェク、ペッリーニ、カスタノス
FW モルゼッリ、ファビッリ、ディ・マッシモ('64 ポッゼボン)

 最終ラインではパロディ選手とザッパ選手が先発起用される形でメンバーの入れ替えが行われました。また、中盤にペッリーニ選手をアンカーに置き、最前線は2トップを軸にディ・マッシモ選手の位置次第で3トップにもなる形で試合に臨んでいます。

 

 この試合、スコアが動いたのは前半残り15分間でのことでした。

 まずは31分にボローニャ遠征にも帯同したファビッリ選手がゴールを決めることに成功し、ユベントスが先制します。その9分後に得た PK をディ・マッシモ選手が落ち着いて決め、0-2 とリードを広げます。

 しかし、ホームのカルピも前半終了間際に獲得した短い距離の FK をサッルスティオ選手が鮮やかに決め、1点差に迫った状態で前半を終えます。

 後半はエンジンに点火したカルピが良い形を作ることに成功し、GK のアウデーロ選手を始め、ユベントス・プリマベーラの守備陣に休む暇がない状態が続きます。それでも、決定的なチャンスを得たのはアウェイのユベントス。

 試合時間残り20分の時点でこの日2度目の PK がユベントスに与えられたのですが、これはキッカーのファビッリ選手が相手 GK のファッチオーリ選手にストップされていまします。その後は両チームとも得点を決めることができず、試合は 1-2 でアウェイのユベントス・プリマベーラが勝利する形で幕を閉じました。

 

 プリマベーラの次節は2月27日(土)のリーグ戦第20節サンプドリアとの一戦が控えています。トップチームに定着できるような選手がプリマベーラから育ってくれることを期待したいと思います。

 La Primavera continua a vincere - Juventus.com

広告を非表示にする