NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

ブッフォン:「ナポリ戦は守り勝つ」

 ブッフォン選手が『スカイ・イタリア』のインタビューに応え、目前に迫ったナポリ戦などについて語りました。その概要を紹介します。

画像:スカイ・イタリアのインタビューに応じるブッフォン
PR

 

ジャンルイジ・ブッフォン選手:
「前回対戦した時(第6節)とは違った面を見せることができるでしょう。今回の対戦を考えますと、私達は重要な一戦というだけでなく、両チームに良い選手がいるという点でもエキサイティングな試合になると思います。

 土曜日は私達の経験を活かし、ナポリのインテンシティや熱意を無効化しなければなりません。

 長きに渡り、彼らにスポットライトは当たってなかったのですが、彼らはリーグ首位の座に戻っていました。そして、彼らはそれに相応しい内容を見せています。

 

 ナポリは勝ちに来るでしょう。残り13試合で勝点差を広げることができれば、神がかり的な追い上げをしている私達を振り切ることができるからです。私達が勝てば、残りシーズンに向けたブースターになるでしょう。

 特にイタリアでは 90% のケースで、最少失点のチームがタイトルを獲得しています。私達は残り 10% にいると言えるでしょう。ナポリに次いで2位だからです。ですが、14試合残されている訳ですし、統計どおりになるよう準備していますよ。

 

 フィールドの対面には両チームとも頼りになる2人の異なった選手がいます。ですが、イグアインとディバラは類い稀なタレントですが、タイプは違います。

 イグアインはキャリアという点でアドバンテージを持っていますし、正にフィニッシャーであり、本物の No. 9 です。

 もう一方のパウロ(・ディバラ)は DF と MF の間でプレーし、中盤とのつなぎを行います。彼はとてつもない選手で、年を重ねるごとに驚かせてくれる選手となるでしょう」

 

 イタリアでは最少失点のチームがスクデット(リーグ優勝)をするケースが多いため、ブッフォン選手の指摘は正しいと言えるでしょう。

 現時点で最強の『矛』を持つナポリか、最強の『盾』を持つユベントスが激突する訳ですから、試合結果に注目が集まります。ただ、ユベントスはキエッリーニ選手が重要度の高い試合が集まる2月は離脱することが濃厚であり、首位ナポリから引き離されなければ OK と割り切る必要もあります。

 相手の土俵である打ち合いに応じず、自分たちの強みを最大限発揮できる試合の進め方をできるかがポイントになる一戦だと思われます。

広告を非表示にする