NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

ヴィアレッジョ・カップ 2016:グループ分けが発表

 ティレニア海に面したトスカーナ州ヴィアレッジョで謝肉祭の期間に行われている国際ユース大会トルネオ・ディ・ヴィアレッジョの抽選が行われ、ユベントス・プリマベーラはプール3に入ったことが発表されました。

画像:トルネオ・ディ・ヴィアレッジョ
PR

 

【グループA】
・プール1:インテル、アカデミア・パンデフ(MKD)、スペツィア、ライクハート(AUS)
・プール2:アタランタ、フェイエノールト(NED)、パレルモ、モウナナ(GAB)
・プール3:ユベントス、デポルティボ・カミオネロス(ARG)、クロトーネ、LIACニューヨーク(USA)
・プール4:エンポリ、プマス(MEX)、サッスオーロ、ヒーツ(NGR)

【グループB】
・プール5:ミラン、ブルージュ(BEL)、カリアリ、ウジャナ(COD)
・プール6:フィオレンティーナ、ベルグラーノ(ARG)、エンテッラ、アブジャ(NGR)
・プール7:ジェノア、リエカ(CRO)、ボローニャ、ホワイト・プラインズ(USA)
・プール8:トリノ、ヘルシンゲル(DEN)、リボルノ、セリエD代表

 グループAに入ったユベントス・プリマベーラは3月14, 16, 19 日にグループステージを戦い、上位2チームに入ることができれば決勝トーナメントに参加することになります。

 決勝ラウンドは3月23日に各組1位のチームと2位のチームが当たる形で準々決勝に進出する8チームが決まり、25日の準々決勝、28日の準決勝を経て、30日に決勝が行われる予定となっています。なお、(組み合わせなどの)詳細は3月7日に発表されることが公表されています。

 

 普段の大会と異なる点は45分ハーフではなく、40分ハーフであることでしょう。タイトな日程を強いられるため、若いプリマベーラの選手を潰さないことへの配慮だと思われます。

 アジアから参加しているチームはありませんが、Jリーグのユースチームもこういった世界大会に参加できる実績を積み重ねるようになるとサッカー界全体を押し上げることになると言えるでしょう。

広告を非表示にする