NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

マンジュキッチとアサモア、負傷でバイエルン戦出場に暗雲

 コッパ・イタリア準決勝翌日のトレーニングを欠席し、検査を受けていたマンジュキッチ選手とアサモア選手の負傷度合いがチーム公式サイト上で発表されました。

画像:1ヶ月の離脱が発表されたマンジュキッチ
PR

 

 アサモア選手は右ハムストリングに損傷が確認され、診察の結果、復帰までは2〜3週間を要するものと見積もられています。

 マンジュキッチ選手につきましては、股関節部分の筋肉(gemellus muscle)に断裂が見つかったとのことで全治1ヶ月を要する見込みであると発表されています。

 なお、アサモア選手とマンジュキッチ選手が負傷離脱すると見積もられている期間の試合日程は下表のとおりです。

表1:ユベントスの対戦カード【2016年2月】
大会名日時対戦カード
Serie A 22 1月31日 キエーボ 対 ユーヴェ
Serie A 23 2月3日 ユーヴェ 対 ジェノア
Serie A 24 2月7日 フロジノーネ 対 ユーヴェ
Serie A 25 2月13日 ユーヴェ 対 ナポリ
Serie A 26 2月19日 ボローニャ 対 ユーヴェ
UEFA CL R.16 2月23日 ユーヴェ 対 バイエルン
Serie A 27 2月28日 ユーヴェ 対 インテル
Coppa SF.2 3月2日 インテル 対 ユーヴェ
Serie A 28 3月6日 アタランタ 対 ユーヴェ

 

 スクデットの行方に大きく影響するナポリ戦やインテル戦が含まれ、チャンピオンズリーグのバイエルン戦も控えているため、離脱の影響度はかなりのものがあります。

 2月は過密日程が組まれていることから、ザザ選手の移籍もなくなったと見て良いでしょう。

 マンジュキッチ選手の抜けた穴はモラタ選手とザザ選手のうち、調子の良い選手が軸になると思われます。また、クアドラード選手も、サイドだけでなく、(試合終盤は)最前線でボールを追いかける役割が新たに加えられると言えるでしょう。

 アサモア選手が担っていた役割はストゥラーロ選手、エルナネス選手、パドイン選手らで分担して担いきれるものと期待できます。

 

 なお、マンジュキッチ選手は自身のインスタグラムで次のようにコメントしています。


 怪我により3、4週間離脱します。100% になってなるべき早く復帰するつもりですし、それまではチームが連勝を続けられるように大のユーヴェファンになります。今までよりも強くなって戻って来るよ。


 マンジュキッチ選手が離脱している間に FW 陣の序列をひっくり返すような活躍をする選手が誕生するかどうかが楽しみと言えるでしょう。

 Asamoah e Mandzukic, il bollettino medico - Juventus.com

広告を非表示にする