NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【採点】2015/16 コッパ・イタリア準決勝 1st Leg ユベントス対インテル

 コッパ・イタリア準決勝 1st Leg ユベントス対インテルの一戦はモラタ選手の2ゴールでホームのユベントスが 3-0 で先勝し、決勝進出に王手をかけました。

画像:待望のゴールを決めたモラタ

 両チームの先発選手およびフォーメーションは次のとおりです。

PR

 

画像:15/16 コッパ・イタリア準決勝 1st Leg ユベントス対インテル
表1:先発メンバー(15/16 コッパ・イタリア準決勝 インテル戦)
 Juventus
[3-5-2]
FC Inter
[4-3-3]
GK 25: ネト 1: ハンダノビッチ
DF 4: カセレス
19: ボヌッチ
3: キエッリーニ
画像:キャプテン
33: ダンブロージオ
25: ミランダ
24: ムリージョ
55: 長友
MF 16: クアドラード
10: ポグバ
8: マルキージオ
22: アサモア
33: エヴラ
83: フェリペ・メロ
17: メデル 画像:キャプテン
7: コンドグビア
FW 9: モラタ
21: ディバラ
11: ビアビアニー
22: リャイッチ
10: ヨベティッチ

 公式戦の連勝を継続したいユベントスはお馴染みの 3-5-2 を選択。出場が懸念されたボヌッチ選手も先発し、最終ラインはマンマークに強い3選手が揃います。

 中盤では先発が予想されたストゥラーロ選手が風邪の症状で離脱したため、アサモア選手が入り、ポグバ選手は右にスライド。アウトサイドはエヴラ選手が週末の試合は出場停止のため、この試合も先発することとなりました。

 対するインテルは 4-3-3 を選び、中盤には守備力の高い3センターを起用。週末のミラノダービーを考慮し、イカルディ選手を温存した以外はリーグ戦と変わらないメンバーが並ぶ形となりました。

 コッパ・イタリアの試合はイタリア国営放送『Rai』のウェブサイトから視聴可能ですので、興味のある方は時間のある時にこちらからどうぞ。

 Juventus - Inter 3-0 | La partita - VIDEO - Calcio - RaiSport

 

 試合はローマ戦と同様にユベントスが相手を押し込む形で始まる。インテルに攻撃の形を作らせなかったユベントスは13分にアサモアがミランダに倒され、左サイドで FK を得る。

 クアドラードがエリア内に入れたボールをメデルが右手でブロックするも、タリアベントの笛は鳴らず CK の判定。インテルは命拾いをしたかに思われたが、33分に試合はユベントスが握ることとなる。

 ボヌッチが頭でクリアしたボールをポグバが長友とのミスマッチを突き、クアドラードに落とす。ボールをモラタに預け、ワンツーでエリア内に侵入したクアドラードをムリージョがペナルティスポット上で倒し、PK が宣告される。

 この PK をモラタがゴール左上に蹴り込み、ユベントスが先制に成功し、前半を 1-0 で終えた。

 

 後半もユベントスが優勢であることに変わらず、62分に追加点が生まれる。

 クアドラードがインテルの左サイドの裏のスペースからボールを持ち上がり中央へ。マンジュキッチの左足のシュートがブロックされたこぼれ球をエヴラが拾い、クロスを供給。メロの足に当たったルーズボールにモラタが素早く反応し、この日2点目をマークした。

 69分には試合の行方を決定づけるプレーが起きる。コンドグビアが左サイドに展開する長友に送ろうとしたパスがクアドラードの足元へ。自陣深い位置からクアドラードが長友、メデルのマークを物ともせず一気に持ち上がり、ペナルティエリア目前でムリージョに倒される。

 このプレーでムリージョに2枚目のイエローが提示され、インテルは10人に。2戦目に余裕を持って戦いたいユベントスは攻撃の手を緩めようとはしない。

 83分には決定的な3点目を奪う。キエッリーニからの縦パスを受けたアサモアがダイレクトでグラウンダーのクロスを中央に供給。それを途中出場のディバラがこれまたダイレクトでペナルティアークからハンダノビッチの股下を抜いた。

 試合はこのまま 3-0 でユベントスが勝利し、決勝進出に向けて大きく前進することに成功した。

 

 この試合に出場したユベントスの選手/監督への採点は以下のとおりです。

GK: ネト 6.0
 シュートストップやクロスへの対応といった GK の見せ場は少なかった。だが、エリア内でのプレーはブッフォンと遜色ないもので、第2GKには十分すぎるものである。

DF: カセレス 6.0
 ローマ戦でバルザーリが見せていた役割をこの試合で忠実に再現していた。(ユーヴェとの)契約延長の用意があるという噂が出るのも当然のこと。

DF: ボヌッチ 6.5
 カウンターの芽を摘むとともに、守備に安定をもたらしていた。そろそろ休養が与えられても良いタイミングだろう。

DF: キエッリーニ 6.5
 マンマークに行くか、パスコースを消すかの判断がすばらしく、すばらしいプレーが続いている。サラーやビアビアニーとスピード自慢を押さえ込んでいることが老獪と言える点だ。

WB: クアドラード 7.0
 攻撃時の牽引役として多大な貢献を行った。マークがいないかのように縦横無尽に動き、PK 獲得に加え、ムリージョを退場に追い込んだ。この試合の Man of The Match と言えるだろう。

MF: ポグバ 6.0
 ケディラの役割を担ったということで攻撃面では目立たなかった。だが、クアドラードの持ち味を活かすプレーやバランスを取るといった役割でも存在感を発揮できる柔軟性を示していたことを見落としてはならない。

MF: マルキージオ 6.0
 アンカーの位置からボールを配給し、ポゼッションをする形を構築。守備でも、カウンターで狙われたスペースを消すなど持ち味を存分に発揮できていた。

MF: アサモア 6.0
 中盤での起用が固定化されたことで、トラップやパスなどボールタッチの部分に繊細さが目立つようになってきた。ダイナミックな面も失われておらず、個性的な選手として重宝され続けるであろう。

WB: エヴラ 6.0
 ビアビアニーをケアするとともに、攻撃にも加わり、存在感を発揮した。リーグ戦の出場停止は残念だが、良いリフレッシュに捉えられるだけの内容はプレーで示した。

FW: マンジュキッチ 6.0
 得点を決めることはできていないが、それは彼がポストプレーなど黒子役に徹しているからだ。ドログバのようにチームのために働く選手であり、その点は評価されなければならない。

FW: モラタ 6.5
 おはよう!お目覚めは如何かな。PK はセーブ不可能な位置に蹴り込まれており、良い意味で開き直りが見て取れた。2点目も迷いなくシュートを選択し、結果に結びついたことが好循環が期待できるだろう。巻き返しに注目である。

 

【交代選手など】

FW: ディバラ 6.5
 マンジュキッチに代わり77分から出場した5分後に決定的な3点目を奪取。モラタとのコンビの精度を高めて欲しいと期待されているだろう。

WB: アレックス・サンドロ ー
 83分にエヴラとの交代で出場。キエーボとの週末の試合に向けた調整の一環と位置づけられる内容だった。

WB: パドイン ー
 90分にクアドラードと交代。クアドラードの労をねぎらう意図もあったが、与えられた役割は何でも行う実行力は流石である。

 

アッレグリ監督 6.5
 風邪によるストゥラーロの離脱は想定外だっただろうが、当初からこのメンバーで行く準備をしていたかのようなチームのパフォーマンスだった。ウィンガーを持つチームを相手に結果を出しており、2月13日のナポリ戦を仮想バイエルンとしての位置づけで見ると面白そうだ。