NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【前日会見】2015/16 セリエA第21節 ユベントス対ローマ

 セリエA第21節の大一番であるローマ戦に向けたアッレグリ監督の前日会見が行われましたので、その概要を紹介します。

画像:会見するアッレグリ監督
PR

 

マッシミリアーノ・アッレグリ監督:
「この瞬間における私の考えはセリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグです。2017年までの契約をユベントスと結んでいますし、また何度も言っていますが、私はここで幸せです。それだけです。

 イングランドからの噂?私はユベントスのようなビッグクラブを率いることに誇りに思います。選手やコーチに引き抜きの噂があるのはよくあることです。

 

 ローマは依然としてタイトル候補です。彼らにはすばらしい選手がいますし、監督交代に対する反応も現れることでしょう。私達にとって重要な試合ですし、難しくなるでしょう。フィールド内外においても良い戦いになると思います。

 首位から10〜12ポイント引き離されていたことを忘れてはなりません。私達が復活した時、心理的な状況は難しいものがありました。しかし、フットボールではそういったものは素早く乗り越えなければならないのです。

 ローマにはクォリティがあり、良い戦いを継続するだけの力があります。ですから、私達が彼らをタイトル争いから脱落させることはできないでしょう。

 

 私達にはすばらしい選手層がありますし、ロベルト・ペレイラも間もなく復帰します。また、レミナも順調に回復して来ています。バルザーリは良好で、試合に出場できるほどです。

 ケディラとエヴラはコンディションを調整する時間が必要だったのです。ケディラには休養を与える目的でしたし、ラツィオ戦でプレーさせないと決めたのでローマへは帯同させませんでした。フレッシュなエヴラを好みますので、休養させました。

 誰かが前に尋ねていましたが、カセレスがユベントスに残ることに疑いはありません。

 

 これからの2ヶ月でバイエルンとは2度、インテルとは3度、それからナポリとローマと対戦します。私達はこのコンディションを維持しなければなりません。そして、3月20日はトリノとのダービーが待っています。

 今から5月16日まで一定数の勝利を積み重ねなければなりませんし、そうしなければチャンスはないでしょう。誰もが心身ともに新鮮でなければならないのです。このレベルのチームでは私に選手の入れ替えを可能とし、高いレベルを維持することができるのです。

 明日の先発メンバーですが、相手によって決定することはありません。私達のコンディションによって決まります。

 クアドラードはフィジカル的にも、技術的にも、戦術的にも成長しています。試合中に非常に有益な選手ですよ」

広告を非表示にする