NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

エヴラ、ユベントス加入により卵アレルギーであることが発覚

 昨シーズン、マンチェスター・ユナイテッドから加入したエヴラ選手が BBC のインタビューでユベントス加入により卵アレルギーだったことが発覚したと述べています。

画像:パトリス・エヴラ
PR

 

パトリス・エヴラ選手:
ユベントスに加入した時に、彼らから卵アレルギーだと言われたのです。マンチェスターでは卵を毎日食べていましたし、トレーニングの最初でよく嘔吐もしていました。

 それで病院に行ったのですが、そこで潰瘍を抱えて状態でプレーしていたと告げられました。内出血が発生していなかったことは幸運でした。

 マンチェスターでも私は十分プロフェッショナルでしたが、フットボールについて多くのことを学び、よりプロフェッショナルになりました。ここイタリアではフットボールはチェスの試合のようなものです。どの動きについても意味を考える必要があるのです」

 

 ある意味、衝撃のカミングアウトだったと言えるでしょう。試合前の緊張で嘔吐くことは珍しいことではないため、選手自身も医療スタッフも気に留めてなかったのだと思われます。

 リヒトシュタイナー選手の件でも言えるのですが、大事に至る前に問題を解決できて良かったと言えます。ユベントスで蘇った印象のあるエヴラ選手ですので、新加入のアレックス・サンドロ選手の良き手本としてチームに貢献し続けて欲しいと思います。

広告を非表示にする