NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【招集メンバー】2015/16 セリエA第11節 ユベントス対トリノ

 厄介なタイミングで迎えたトリノとのタービー戦に向けて招集された21選手が発表されました。

画像:トリノダービーで威厳を取り戻せるか

 招集選手一覧は下表のとおりです。

PR

 

表1:招集メンバー(15/16 セリエA第11節 トリノ戦)
 選手名
GK 1: ブッフォン、25: ネト、38: アウデーロ
DF 4: カセレス、12: アレックス・サンドロ、15: バルザーリ、19: ボヌッチ、24: ルガーニ、33: エヴラ
MF 6: ケディラ、8: マルキージオ、10: ポグバ、11: エルナネス、16: クアドラード、18: レミナ、20: パドイン、27: ストゥラーロ
FW 7: ザザ、9: モラタ、17: マンジュキッチ、21: ディバラ

 前節のサッスオーロ戦で退場処分を受けたキエッリーニ選手が外れ、怪我から復帰したカセレス選手が久しぶりのメンバー入りを果しました。

 スタメン予想ですが、後がないアッレグリ監督は手堅いメンバーを選択することが予想されます。

 

【先発予想:4-3-3】

 GK: ブッフォン
 DF: パドイン、バルザーリボヌッチ、エヴラ
 MF: ケディラマルキージオ、ポグバ
 FW: クアドラード、ディバラ、モラタ

 中盤の3名はケディラマルキージオ、ポグバで決まりでしょう。

 次に最終ラインですが、キエッリーニ選手が出場停止の中でルガーニ選手をギャンブル起用する可能性は低く、4バックが選択されると思われます。右 SB にはチャンピオンズリーグで起用できないパドイン選手を先発で起用し、カセレス選手は途中投入とする形を採るべきでしょう。

 前線は結果を残している3選手による3トップが有力です。ペレイラ選手が離脱していることもあり、これまでの采配を見る限りではトップ下をおくシステムを使うとは思えないからです。

 

 システムを変えること自体はバイエルンでもお馴染みですので、問題とはならないでしょう。ですが、チームとしての攻撃や守備の共通認識がない状況では迷走と言われることになります。

 どのフォーメーションを使って心中するかをアッレグリ監督が決断しなければ、煮え切らない中途半端な成績で燻り続けるのではないでしょうか。

広告を非表示にする