NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

ユベントス、土曜日のトリノ戦までのミニキャンプを実施

 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』はユベントスサッスオーロ戦後、チーム状態を立て直すために練習場のビノーボで31日(土)まで合宿を行うと報じています。

画像:アッレグリ解任は近い?
PR

 

 なお、何選手かがトンネル内の広告看板を殴る/蹴るの大立ち回りを演じたとも報じられており、何らかのペナルティがリーグより科される可能性はあるでしょう。

 さて、肝心の合宿(今回のユベントスの場合は2泊3日)ですが、イタリアではよくあることです。チームが不振に陥った時にオーナーの鶴の一声で決まるケースが一般的で、無期限の場合は選手たちがオーナーに陳情すれば終了する場合もあります。

 重要なのは『チーム力を向上させるために、どうマネジメントするか』ということに尽きます。

 

 「若手選手が多いため、時間が必要」とのコメントは聞き飽きました。リーグトップの高給が支払われている前年度王者がトップハーフ(10位以内)にすら入れていないのですから、叱咤するファンの割合が増えて当たり前です。

 「3月の時点ですべてのコンペティションを争う」といった抽象的な目標を掲げて合宿に入っても、得られるものはアリバイだけでしょう。せめて、12月末でのリーグ順位の具体的な目標を掲げる必要があります。その上で、その目標を達成するためにどうするかをチームとして考えるべきだと言えるでしょう。

 一貫性がなく、フォーメーションも数試合のサイクルで変わる状況から抜け出さない限り、来シーズンの UEFA のコンペティションに参加することは難しいと思われます。

広告を非表示にする