NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

ユベントス、2014/15シーズンのチャンピオンズリーグで最も収益を得たチームになる

 UEFA は 2014/15 シーズンのチャンピオンズリーグに参加した 32 チームに対する支払い額をホームページ上で公表しました。

画像:獲得金額では欧州王者だった 2014/15 シーズンのユベントス

 発表内容(PDF)によりますと、ユベントスには 8910 万ユーロの支払いが UEFA より行われたとのことです。ベスト8に進出したチームに支払われた額は以下のとおりです。

PR

 

表1:2014/15 UEFA チャンピオンズリーグでの収益
 ユベントスバルセロナR.マドリード
参加ボーナス 860万ユーロ
パフォーマンスボーナス 350万ユーロ 500万ユーロ 600万ユーロ
マーケット
プール
5820万ユーロ 2462万ユーロ 2564万ユーロ
ベスト16進出 350万ユーロ
準々決勝進出 390万ユーロ
準決勝進出 490万ユーロ
決勝進出 650万ユーロ 1050万ユーロ
合計支給額 8910万ユーロ 6102万ユーロ 5254万ユーロ

 チャンピオンズリーグによる収益ですが、本戦の出場権を得るだけで参加ボーナスの 860 万ユーロを得ることになります。それだけ出場できるかどうかはクラブ経営に大きく影響を与える大会なのです。

 パフォーマンスボーナスはグループリーグでの成績で変動します。勝てば100万ユーロ、引き分ければ50万ユーロのボーナスを得ることができます。しかし、負けた場合はボーナスが支払われることはありません。

 ユベントスが大きく収益を稼いだのはマーケットプールの項目です。これは UEFA チャンピオンズリーグの自国内視聴者数に応じて配分される金額です。ユベントスの場合はイタリア国内でチャンピオンズリーグを視聴した人の数に応じて支払いを受けるのですが、ローマがグループリーグで敗退したために “総取り” となったことで金額が大きくなったという事情があります。

 

 良い成績を残せば、それに比例して UEFA からの支給額も大きくなります。それだけにチャンピオンズリーグの舞台で躍進するとともに、その出場資格を得るためのリーグ戦を疎かにすることはあってはならないことだと言えるでしょう。