NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【前日会見】 2015/16 セリエA第4節 ジェノア対ユベントス

 9月20日に行われるセリエA第4節ジェノア戦に向けた前日会見が行われ、アッレグリ監督が出席しました。

画像:アッレグリ監督

 会見概要は以下のとおりです。

PR

 

マッシミリアーノ・アッレグリ監督:
マンチェスター・シティとの一戦はチャンピオンズリーグにおいて重要な試合でした。セリエAでは別物で、我々はまだ1ポイントしか獲得していません。

 明日の試合はとてもアグレッシブなチームとの対戦であるだけに、難しい試合となるでしょう。それだけに明日はシーズンの分かれ道だとも言えます。

 選手ですが、カセレスを除いて良いコンディションです。彼は少し問題を抱えているようですから、起用することは難しいでしょう。

 我々は黙って仕事にだけを考え、ポイントを積み重ねなければなりません。正しい情熱を持ち、良いバランスが欠かせません。明日は勝利を納めたチャンピオンズリーグとは違った試合になるでしょう。

 バランスとは好不調の間で揺れ続けることではありません。明日はシティ戦と同じシステムを用いて戦うこともできますし、少し手を加えるかもしれません。それについては今日のトレーニングで決める予定です。

 このチームには多くの攻撃的選手がプレー可能です。起用できる状態にあるかが選択基準となるでしょう。

 ザザは適応期間です。シーズンで必要とされるまではプレー機会が少なくとも、我慢しなければなりません。彼は加入して、よくトレーニングしています。どの選手にもプレーする機会は訪れるでしょう。

 ここからはジェノア戦について話すことにしましょう。我々は現実主義にならなければなりませんし、歩みを進める必要があります。得点を許していることに終わりを告げ、そして勝たなければなりません。

 アレックス・サンドロはプレー可能です。もし明日プレーしなければ、水曜日にプレーします。時間とスペースを作り出すことを期待しています。

 グループとしてはシグナルをより強くしています。チームはより巧みにプレーしなければなりませんし、この試合は勝って終わる必要があることを知っているでしょう。大事なことは自分たちの信念に押しつぶされないことです。このチームのアイデンティティは1週間ほどで変わったりすることはありません。

 どのリーグ戦も異なった特色があります。 プレミアリーグリーガエスパニョーラではより資金面に優れています。ですが、イタリアサッカー界は成長していますし、若手選手を使い続けることで代表チームには明るい未来が待っていると言えるでしょう。

 ポグバやモラタはさらなる成長の可能性を秘めています。もちろん、今のままでもスポットライトは十分に得ています。

 試合の中で最初の枠内シュートがどこかで放たれるでしょう。大事なことは働き続けることなのです」

広告を非表示にする