NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【招集メンバー】 親善試合:オリンピック・マルセイユ戦

 ユベントスは土曜日にマルセイユスタッド・ヴェロドロームで行われる親善試合:オリンピック・マルセイユ戦に向けて26名の招集選手を発表しました。

マルセイユとユベントスで活躍したデシャン

 この親善試合がスーパーカップ(8月8日:@上海)前の最後の試合となります。マルセイユ戦に招集された選手は次の表のとおりです。

PR

 

表1:招集メンバー(親善試合:マルセイユ戦)
 選手名
GK 1: ブッフォン、25: ネト、34: ルビーニョ、38: アウデーロ
DF 2: イスラ、4: カセレス、19: ボヌッチ、24: ルガーニ、26: リヒトシュタイナー、33: エヴラ、42: パロディ
MF 6: ポグバ、8: マルキージオ、11: コマン、20: パドイン、27: ストゥラーロ、28: ケディラ、37: ペレイラ、40: ヴィターレ、43: テージョ
FW 7: ザザ、9: モラタ、17: マンジュキッチ、21: ディバラ、44: チェッリ、45: バダラ

 25人枠に入るであろう実力を有すると目されている選手で今回の招集メンバーから外れているのは、いずれも負傷中のキエッリーニジョレンテバルザーリ、アサモアの4選手です。

 代表チームでプレーしたことで合流が遅れていたイスラ、コマン、ペレイラの3選手がトップチームに合流したことが最大の変更点だと言えるでしょう。

 

 肝心の試合ですが、3バックと4バックのどちらが現時点での完成度が高いかを見極め、ラツィオとのスーパーカップで使うのかを判断することがチームとしてのテーマになると思われます。

 注目選手としては攻撃面では(トップ下でプレーするであろう)ペレイラ選手がモラタ、マンジュキッチ両選手とどのようなコンビネーションができるかという点に注目です。

 また、右サイドのイスラ選手も DF 陣が負傷で手薄になっていることもあり、起用状況によっては移籍から一転して残留ということもあり得るでしょう。

 マルセイユ戦の試合内容に注目です。

広告を非表示にする