NO JUVE, NO LIFE!!

- FINO ALLA FINE - ユベントス関係のニュース記事を扱うサイト

【試合後コメント】 親善試合 ボルシア・ドルトムント戦

 ドルトムントとの親善試合はユベントスにとって残念な試合結果に終わりましたが、監督・選手たちの試合後のコメントを紹介します。

画像:親善試合
PR

 

マッシミリアーノ・アッレグリ監督:
「結果に関わらず、我々は良いワークアウトを今晩見せたと思います。最も良かった点は上海でのスーパーカップに向けて怪我人を出さなかったことです。

 まだ準備の初期段階なのですが、いくつかのプラス要素を見つけることもできました。

 我々はボールを上手く動かすことはできましたが、動きが少なすぎました。多くの若手スター選手がピッチ上で躍動してくれました。我々は内容を取り戻すために突き進まなければなりません」

 

ステファン・リヒトシュタイナー選手:
「私達自身の準備は始まった所なのです。チームに所属していた重要な選手を失った一方で、この夏に良い補強をしました。今はベストコンディションを取り戻すためにトレーニングを行っているのです」

 

アルバロ・モラタ選手:
「私達はわずか5日トレーニングしただけです。その時が来るまで良いトレーニングを継続し続ける必要があり、中国での決勝に向けての準備をする必要があります。

 左ウィングでのプレーは楽しんですることができました。走り出すために必要なスペースをたくさん見つけることができましたから。私達は前線で多くのオプションを持つことになります。

 ディバラとマンジュキッチはどちらのトッププレイヤーです。共にトレーニングを続けることで、私達自身の理解も進むことでしょう」

広告を非表示にする